• 2019年8月11日

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアル

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアル

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアル 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

Photoshopには色々な機能がありますが、すべての機能を満遍なく網羅して覚えることは非常に難しいです。よく利用する機能は比較的早く覚えていきますが、あまり使わないような機能は、どうやって操作したら良いのか分からないものも多数あります。

そんな時は、まずは簡単なチュートリアルから初めてみましょう。数をこなしていけば、少しづつ色んな機能を覚えていくはずです。

とゆーことで、今回は「Photoshop デザイン広告ヘッダーの作り方」のチュートリアルを解説したいと思います。

 

開発環境

OS  Windows 10 64bit
バージョン  Photoshop CC 2019
作成時間  約20~30分程度
ステップ数  9ステップ
テクニックのポイント 切り取り / ゆがみ

 

難易度

ブロンズメダル

今回は、初級者レベル以上が対象となります。

 

ダウンロード素材

※リンク先サイトの規約に従いお使いください。

 

今回の完成図

こちらが今回の完成図です。

猛暑で車がドローっと溶けたような感じのエフェクトです。一見難しそうですが、非常に簡単に作成することができます。

それでは挑戦してみましょう!

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアルの完成図

 

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアル

【ステップ1】車の切り抜きと別レイヤーに移動させる

キャンバスを任意の大きさで作成します。ここでは「1920 × 1200」でキャンバスを作成しています。

車のカタチに沿って、ペンツールなどで範囲選択を作り、レイヤーマスクを適用します。さらに、レイヤーマスクを「Ctrl + クリック」で再び範囲選択にし、左側のサムネイルを選択後、「Ctrl + J」で別レイヤーにコピーします。

車の切り抜きと別レイヤー

 

【ステップ2】ゆがみツールでぺちゃんこにする

上部メニュー 「フィルター > ゆがみ」を選択し、下記のように、あらゆる方向からブラシでなぞり、形をぺちゃんこにしていきます。この時、よりドロドロ感がでるように、末広がりになるようにブラシを動かしていきます。

ゆがみツールでぺちゃんこにする

 

【ステップ3】重ねる

元の画像を、ゆがみレイヤーの下に移動させ、上下になるように配置します。下記のように、二つの車が重なるように配置しましょう。

元画像を、ゆがみのレイヤーの下に配置する

 

【ステップ4】境界の一部を隠す

ゆがみレイヤーにレイヤーマスクを設定し、車と車の境界の一部を隠していきます。ただし、ナンバープレートが見えないようにしましょう。

境界の一部を隠す

 

【ステップ5】車のみのレイヤーを移動させ、結合する

車のみのレイヤーを、ゆがみレイヤーの下に配置します。Shiftを押しながら2つのレイヤーを選択し、「Ctrl + E」で結合します。

車のみのレイヤーを移動させる

 

【ステップ6】さらに ゆがみ を作る

ステップ2と同様に、ゆがみ を利用してドロドロ感をだしていきます。アイスクリームが解けるように、末広がりにゆがまさせましょう。

さらに ゆがみ を作る

 

【ステップ7】シャドウを追加する

ゆがみレイヤーの下に新規レイヤーを作成し、黒のぼけブラシ(硬さ:0%)で、車の下に影を追加していきます。

シャドウを追加する

 

【ステップ8】Camera RAWを設定

「Shift + Alt + Control + E」で一番上に、全体のコピーレイヤーを作成します。さらに、画面上部メニュー「フィルダー > Camera RAW」で下記の値を設定します。

Camera RAWで仕上げ

 

【ステップ9】仕上げにレンズフィルターを追加する

レンズフィルターを下記の値で追加します。

レンズフィルターを追加する

 

【完成】It’s done!

これですべての作業は完成です。

アイスクリームが溶けたようにドロッとした感じになりました。

Photoshop liquid Car / 液体化する車 のチュートリアルの完成図

 

チュートリアルの手順

今回チュートリアルの手順です。

  1. 【ステップ1】車の切り抜きと別レイヤーに移動させる
  2. 【ステップ2】ゆがみツールでぺちゃんこにする
  3. 【ステップ3】重ねる
  4. 【ステップ4】境界の一部を隠す
  5. 【ステップ5】車のみのレイヤーを移動させ、結合する
  6. 【ステップ6】さらに ゆがみ を作る
  7. 【ステップ7】シャドウを追加する
  8. 【ステップ8】Camera RAWを設定
  9. 【ステップ9】仕上げにレンズフィルターを追加する

今回はゆがみを利用したチュートリアルでしたが、どうだったでしょうか?被写体の一部を歪まさせたり、形を不定形にするには「ゆがみ」で手っ取り早く作業することができます。

また、ゆがみ の設定画面で、「ブラシのサイズ」「強さ」などを適度に調整しながら作業をすることで、より細かい作業も可能です。

何気ない機能ですが、使い方次第で面白くなると思います。試してみてはいかがでしょうか?

取り急ぎ、今日はここまで。

 

Photoshopのテクニックをもっと身につけよう!

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。