• 2019年3月14日

Photoshop デザイン背景 / ELECTRONICS

Photoshop デザイン背景 / ELECTRONICS

Photoshop デザイン背景 / ELECTRONICS 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

Photoshopでは写真という素材を使ってコンポジット(合成)を行ったり、エフェクトなどの補正をかけることで、写真をよりデザイン的に仕上げることができます。

今回のPhotoshopでは、シェイプ(図形)のみを使ってデザイン的な背景を作りたいと思います。素材も一切必要ないので、Photoshopさせあれば、誰でも簡単に作成することができます。

基本的な操作のみなので、迷うようなことはないでしょう。

さて、今回は「Photoshop デザイン背景 / ELECTRONICS」のチュートリアルを解説したいと思います。

 

開発環境

OS  Windows 10 64bit
バージョン  Photoshop CC 2019
作成時間  約10~15分程度
ステップ数  3ステップ
テクニックのポイント  シェイプ6角形 / ベベル・エンボス

 

難易度

ブロンズメダル

今回は、初級者レベル以上が対象となります。

 

ダウンロード素材

今回はダウンロード素材はありません。

 

Photoshop デザイン背景 ELECTRONICS

今回のELECTRONICSのデザイン背景です。やや近未来的なデザインになっています。機械関係やエレクトロニクス系のHPのヘッダーやスライダーなどの背景で利用できそうです。

一見難しそうですが、基本操作のみで非常に簡単に作ることができます。

さぁ、挑戦してみましょう!

 

Photoshop デザイン背景  / ELECTRONICS

【ステップ1】シェイプから6角形(ヘキサゴン)を作る

まずは新規キャンバスを任意の大きさで作成します。ここでは「1920 × 1200 px」でキャンバスを作成作成しています。シェイプツールから多角形を選択し、描画色は黒色・線なし・角数を6に設定し、任意の大きさでヘキサゴン(約150 px前後)を描画します。

1つ配置したら「Ctrl + J」でレイヤーを複製し、下記のように並べます。

シェイプでヘキサゴン(6角形)を作る

 

【ステップ2】レイヤーを結合し、新たに複製する

2つのレイヤーをShiftで選択し、「Ctrl + E」で結合しておきます。さらに、結合したレイヤーを「Ctrl + J」で複製し、同様の手順でまた結合します。これを何度か繰り返し、キャンバスすべてを埋め尽くすように配置していきましょう。

 

【ステップ3】レイヤースタイルの適用

ステップでキャンバス上すべてをヘキサゴンで埋め尽くしたら、レイヤースタイルを適用していきます。レイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルを呼び出し「ベベル&エンボス」を設定(下記参照)します。

次に、カラーオーバーレイを描画色「#373737」で適用してからOKを押下します。

レイヤースタイルの追加 / ベベルとエンボス

 

【ステップ4】べた塗り&ブルーライトの追加

多角形のレイヤーの下に、べた塗り・黒(#000000)を追加します。すると、下記のように平面的なデザインだったヘキサゴンが、立体的なデザインになります。

べた塗りのレイヤーの上に、新規レイヤーを追加します。

ぼけブラシ(描画色「#18bef4」水色 / ブラシサイズ1000px以上)を設定し、先ほど作成した新規レイヤーに描画します。ちょうど中央付近でクリックしましょう。

べた塗り&ブルーライトの追加

 

【ステップ5】ブルーライトの複製とグラデーションオーバーレイ

次に、このブルーライトのレイヤーを「Ctrl + J」で複製し、多角形レイヤーの真上に移動させます。複製して移動させたら、レイヤーの種類を「ビビットライト」に変更しておきます。

次に、「Ctrl + Alt + Shift + E」で全体のレイヤーコピーを作成し、「右クリック > スマートオブジェクト」を適用しておきます。ダブルクリックでレイヤースタイルを開き、グラデーションオーバーレイを下記の値で適用しましょう。

周りが薄暗くなり、中央の光がより強調された感じになります。

ブルーライトの複製とグラデーションオーバーレイ

 

【仕上げ】Camera RAWの適用

最後の仕上げに、Photoshop上部メニュー「フィルター > Camera RAW」を選択し、下記の値で設定します。

これで全ての作業は完了です。

Camera RAWの適用

 

【+アルファ】タイトルとエフェクトを追加してみよう!

仕上げで完了ですが、テキストやちょっとしたエフェクトを追加するだけで、よりデザイン的なものに仕上がります。

HPのヘッダーなどにも十分使えると思います。

 

【+アルファ】カラーバリエーション

ブルー以外にもカラーを変更するだけで、色々なパターンのカラーバリエーションを作ることができます。どの部分を変えれば変更できるのか、もう分かっていると思います。

パッと思い浮かぶ人は、すでにレベルアップしている証拠ではないでしょうか。

カラーバリエーション / 黄色

カラーバリエーション / 赤色

 

Photoshop デザイン背景 ELECTRONICSの手順

今回チュートリアルの手順です。

  1. 多角形ツールで六角形(ヘキサゴン)を作り、並べる
  2. レイヤーをコピー&結合しながら、六角形をさらに並べていく
  3. レイヤースタイルから、ベベル&エンボス・カラーオーバーレイを適用する
  4. 背景にべた塗り(黒色)を追加
  5. ブルーライトをべた塗りの上に追加
  6. ブルーライトをコピーし、多角形レイヤーの上に配置し、ビビットライト or オーバーレイに変更
  7. 全体のコピーレイヤーを作成
  8. スマートオブジェクトにしてから、グラデーションオーバーレイ(円形)を追加
  9. 最後にCamera RAWで仕上げ

今回のデザインでは六角形をコピーしながら綺麗に並べていくのがコツとなります。この操作を繰り返していくことで、キャンバスいっぱいに六角形配置していきましょう。

上記の手順6の「ビビットライト or オーバーレイに変更」ですが、これはどちらでも構いません。2つのレイヤーのモードは微妙に異なるため、お好みでどちらかを選択してみてください。

ちなみに「+アルファ / カラーバリエーション」にある赤色のものは「オーバーレイ」で作ってあります。こっちのほうがちょっと引き締まった感じがしますね。

色々と試してみてください。

 

Photoshopのテクニックをもっと身につけよう!

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。