• 2015年12月5日

Photoshop チュートリアル / 抽象的な写真加工

Photoshop チュートリアル / 抽象的な写真加工

Photoshop チュートリアル / 抽象的な写真加工

424 283 パソコン生活サポート Pasonal

皆さん、こんにちわ!

最近Photoshopを使用することが多くなり、とうとうAdobe Photoshop CCを購入しました。CS5から乗り換えですが、3D機能やレイヤーなど、さらに使い勝手が良くなっています。購入して良かった・・・と思います。

今回は、抽象的な写真(ポートフォリオ)を作成してみたいと思います。素材を組み合わせ、カラーバランスを調整するだけなので、初心者でも簡単にできるでしょう!

真似ぶ = 学ぶの精神で、実践していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

素材画像

 

完成図

完成図

 

 

Step 1 キャンバスの作成

キャンバスの作成

 

1920 × 1200 pxでキャンバスを作成します。

 

 

Step 2 背景:山脈の配置

背景:山脈の配置

 

山脈の画像をキャンバスに配置し、フィットさせるように拡大します。

さらに、『フィルター > ぼかし > ガウス』を『4px』で適用させます。

上記のように少しボヤけた感じになりますね。

 

 

Step 3 金属テクスチャの配置

金属テクスチャの配置

 

金属テクスチャをキャンバスにフィットさせるように拡大し、配置しましょう。

レイヤーの種類を『ソフトライト 不透明度:100%』に変更します。

 

 

Step 4 色相・彩度を適用する

色相・彩度を適用する

 

色相・彩度を上記の値で設定します。

『イエロー系』に変更してから、彩度を設定してください。

 

 

Step 5 トーンカーブの適用

トーンカーブの適用

 

トーンカーブを上記の値で設定します。

こうすることで、背景の山脈の雰囲気が増します。

 

 

Step 6 ブロンド女性の配置

ブロンド女性の配置

 

ブロンドの女性をキャンバスの中央付近に配置します。

 

 

Step 7 レイヤーマスク

レイヤーマスク

 

女性だけを切り抜きたいので、クリック選択ツール・境界線の調整などを使用し、レイヤーマスクを適用させます。

 

 

Step 8 女性の一部分にトーンカーブを適用

トーンカーブを適用

 

なげわツールで女性の腕の部分のみを囲い、明度を上げます。

トーンカーブを上記のように設定してください。

追加したトーンカーブレイヤーは、女性のレイヤーに対してのみ適用させます。

 

 

Step 9 カラーバランスの調整

カラーバランスの調整

 

女性自身のカラー調整します。

カラーバランスを上記のように設定します。

このレイヤーは女性レイヤーのみに適用させてください。

 

 

Step 10 色相・彩度の調整

色相・彩度の調整

 

Step 9と同様に、色相・彩度を上記の値で設定します。

重要なのは、『イエロー系』に対して、彩度を設定することです。

これも同じように、女子レイヤーに対してだけ適用させます。

(※Altキーを押しながら、境界線をクリックすれば、下のレイヤーに対してのみ適用されます)

 

 

Step 11 トーンカーブの調整

トーンカーブの調整

 

同様にトーンカーブを適用していきます。

これも女性レイヤーに対してのみ、適用します。

 

 

Step 12 森の木々の配置

街路樹の配置

 

次に、森の木々の画像を、女性にかぶさるように、やや斜めにして配置します。

 

 

Step 13  レイヤーマスクの適用

レイヤーマスクの適用

 

これも同様にレイヤーマスクをし、女性の体に映り込むようにさせましょう。

レイヤーは『オーバーレイ 不透明度:100%』に設定します。

 

 

Step 14 森のトーンカーブを調整

森のトーンカーブの調整

 

先ほど配置した森の木々の画像にトーンカーブを設定します。

森の木々の画像レイヤーに対してのみ適用させましょう。

 

 

Step 15 顔にもレイヤーマスクをかける

顔にもレイヤーマスク

 

Step 12 ~ 14の作業を同様に行います。

 

 

Step 16 花を添える

花を添える

 

花の画像を配置し、レイヤーマスクを使用して、一部分を女性の肌になじませます。

レイヤーマスクを作成し、黒のソフトブラシを使用し、花の根本を隠しましょう。

ソフトブラシの不透明度は『60~80%』ぐらいで使用してください。

 

 

Step 17 全体のカラーバランス調整1

全体のカラーバランス調整

 

最終的な調整を行います。

カラーバランスを上記の値で設定していきます。これは全体に向けて適用させるものです。

 

 

Step 18 全体のカラーバランス調整2

全体のカラーバランス調整2

 

Step 17と同様に、『諧調:ハイライト』で上記の値を設定していきます。

これも同じく、全体に向けて適用させます。

これで作業は終了です。

 

 

完成

完成図

 

どうだったでしょう?上手く仕上がりましたか?

少しのテクニックで、抽象的な写真の雰囲気に仕上がりました。それにしても、モデルの女性が『カッコイイ and 美人』すぎて目が離せませんネ。私は今回作成したものを壁紙に設定してみましたが、雰囲気がガラリと変わっていい感じになりました。

この抽象的にするテクニックは他のシーンでも応用できそうですね。

 

Photoshop関連の記事
よかったらシェアしてください

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)