• 2017年8月16日

Photoshop 螺旋アート 簡単チュートリアル!

Photoshop 螺旋アート 簡単チュートリアル!

Photoshop 螺旋アート 簡単チュートリアル!

700 433 パソコン生活サポート Pasonal

今回はPhotoshopで光の螺旋を作成してみたいと思います。Photoshopには実に様々な機能がありますが、テクニックの組み合わせで幻想的な雰囲気のアートを簡単に作成することができます。実は一見難しいようなデザインやアートでも、ちょっとしたコツで作成することができます。

しかし、Photoshopを始めた頃だとその機能の場所さえ覚えるのも大変だと思います。もちろん参考書を買って基本を学ぶことも効果的ですが、退屈です。テクニックを高めるコツは、「コレやってみたい!」と思えるようなチュートリアルをとりあえず実践してみることです。実践は己を強くします。

それを繰り返すうちに、おのずとテクニックが向上していくでしょう。

あ、そうそう、このチュートリアルの難易度は初級者以上です。

【スポンサードリンク】

 

開発環境

 OS  Windows 10 64bit
 Photoshop バージョン  Adobe Creative Cloud / Photoshop CC 2017
 作成時間  約10~15分
 テクニックのポイント  フィルター / ぼかし(放射状) / 渦巻き / メゾティント

 

難易度

ブロンズメダル

今回の難易度はブロンズレベル(初級者以上)です。

 

 

チュートリアルソース

このチュートリアルで使用する素材は下記からダウンロードしてください。すべてフリーのものです。

海岸の灯台 / PEXELS

 

 

Photoshop 螺旋アート 作成手順

螺旋アートはわずか10ステップで作成することができます。なるべく分かりやすく解説していますが、もし分からなくなったら、チュートリアルの画像をじっくり見て分析してください。きっと出来ると思います。

 

キャンバスの作成

任意の大きさでキャンバスを作成します。サイズは何でもOKです。

Photoshop 螺旋アート キャンバスの作成

 

メゾティントの適用

上部メニュー「フィルター > ピクセレート > メゾティント」を選びます。メゾティントは以下の値で設定します。

  • 種類:粗いドット(強)

メゾティントの適用

 

ぼかし(放射状)の適用

次は、ぼかし(放射状)を適用します。上部メニュー「フィルター > ぼかし > ぼかし(放射状)」を選択します。設定値は下記の通りです。

  • 量:100
  • 方法:ズーム
  • 画質:高い

渦巻きの適用

 

ぼかし(放射状)の再適用 × 3

同様に、ぼかし(放射状)を再適用していきます。下記の設定で3回、ぼかし(放射状)を設定してください。その際は、「Ctrl + Alr + Fキー」を押すことで、簡単にぼかし(放射状)のフィルターを適用させることができます。(上部メニューから選んでもOK)

  • 量:100
  • 方法:ズーム
  • 画質:標準

ぼかし(放射状)の再適用 × 3

 

渦巻きの適用

上部メニューから「フィルター > 変形 > 渦巻き」を下記の値で適用します。

  • 角度:100

渦巻きの適用

 

渦巻きのオプションを設定

適用した渦巻きフィルターのオプションを設定します。下記の場所にあるマークをダブルクリックすると、オプションを設定できます。下記の値で設定してください。

  • 描画モード:比較(明)
  • 不透明度:100%

渦巻きのオプションを設定

 

渦巻き(逆向き)を設定

再び、上部メニューから「フィルター > 変形 > 渦巻き」を下記の値で適用します。今度は「逆向き」になります。

  • 角度:-100

渦巻き(逆向き)を設定

 

渦巻き(逆向き)のオプションを設定

同様に、渦巻き(逆向き)のオプションを下記の値で設定します。下記の画像の場所のマークをダブルクリックしてください。

  • 描画モード:比較(明)
  • 不透明度:100%

渦巻き(逆向き)のオプションを設定

 

全体のコピーレイヤーを作成する

「Ctrl + Alt + Shift + E」で全てのレイヤーをコピー&結合させたレイヤーを作成します。レイヤー名は「最終調整レイヤー」としておきます。

※レイヤー名は何でもOK

Camera RAWの設定

 

Camera RAWの設定

上部メニュー「フィルター > Camera RAW フィルター」を起動し、下記の値で設定します。設定値はあくまで推奨なので、明度や自然な彩度などを微調整すると、また違った雰囲気になります。これですべての作業は完了です。

Camera RAWの設定

 

【任意】追加でカラーを調整

これは任意ですが、最終調整レイヤーの上にもう一つレイヤーを作成します。レイヤーの種類を「オーバーレイ」に変更し、任意のカラーブラシ(硬さ0%)で着色します。ちょっと違った感じにできるので、お好みで調整してみてください。

【任意】追加でカラーを調整

 

バリエーション

今回のPhotoshop 螺旋アートですが、異なる写真や渦巻きの角度などを変更すれば、雰囲気が異なるアートを作成することができます。色々と挑戦してみると面白い模様が出来上がるかもしれません。

作成したアート

他のバリエーション

 

まとめ

以下はPhotoshop 螺旋アートの完成までの手順です。

  1. キャンバスの作成
  2. メゾティントの適用
  3. ぼかし(放射状)/ [高い] の適用
  4. ぼかし(放射状)/ [標準] の再適用 × 3
  5. 渦巻きの適用
  6. 渦巻きのオプションを設定
  7. 渦巻き(逆向き)を設定
  8. 渦巻き(逆向き)のオプションを設定
  9. 全体のコピーレイヤーを作成する
  10. Camera RAWの設定
  11. 【任意】追加でカラーを調整

わずか10ステップで簡単なアートを作成することができます。レイヤーのオプション設定(6と8)のところだけがやや戸惑う箇所かもしれません。普段はあまり使用しないような設定値なので、初めの人は「?」だと思います。チュートリアルの画像をよく確認して、オプションマークを正確にダブルクリックしてみてください。

取り急ぎ、今日はここまで。

Photoshopで色々なアートに挑戦してみてください。

【スポンサードリンク】

 

楽しめながら作れるPhotoshopのチュートリアル記事

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)