• 2017年8月1日

SEO対策の効果を高める20の方法まとめ【2017年度版】

SEO対策の効果を高める20の方法まとめ【2017年度版】

SEO対策の効果を高める20の方法まとめ【2017年度版】

700 433 パソコン生活サポート Pasonal

【目次】

Googleが掲げる10の事実を理解し、紐解く

このGoogleの理念は他のSEO対策のサイトでも頻繁に取り上げられています。すこし検索すれば容易に発見できるでしょう。

ただし、内容は非常に抽象的なので解釈が難しいです。人によって解釈が異なるので、捉え方もまた違ってくると思います。ここでは私なりの解釈を交えて考察しています。

10の事実は下記のようなものです。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めて上手くやるのほうが良い。
  3. 遅いよりも早いほうが良い。
  4. ウェブでも民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報が溢れている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツが無くても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

 

▶ ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

Googleはユーザーの利便性を第一に掲げています。

Googleを長年使っていますが、Googleのトップページは極めて明快だと思います。簡潔なインターフェースはもちろん、関連する広告も邪魔にならないように表示し、明確に広告であることを明示しています。Googleの検索ページは一見すると素っ気ない印象を受けますが、それでいて面白い遊び心も豊富です。

Googleのロゴで何かしらのゲームができたり、隠しコマンドと呼ばれるものも多数あります。多くの人が一度はそれらの隠しコマンドで遊んだことがあるでしょう。まさしくそれこそが、Googleがユーザー側に立って、利便性(使いやすさ・簡潔さ)と面白さ(遊び心)を追及している証拠だと思います。

ユーザー視点に立ってとことん利便性を追求し、有益なコンテンツを提供することが重要だということだと思います。

 

▶ 1つのことをとことん極めて上手くやるのほうが良い

これは色々解釈が分かれそうですが、何か1つに絞ってコツコツと作成したほうがより良いそうです。

アクセスをたくさん集めているサイトなどを分析すると、継続的な記事づくりをしているサイトが多いように感じます。やはり更新頻度が高いサイトの方が、グーグルの評価もまた高くなるのかもしれません。

継続は力なり」と言いますから、サイト作りも概ね当てはまるのではないでしょうか。

 

▶ 遅いよりも早いほうが良い

これはページスピードを重視しているということでしょう。

一般的にはサイトを開いてから1~2秒以内の表示が望ましいと言われています。Googleでは2年前からページスピードが遅いサイトに「Slowの警告」を出すような試験的なことを始めているようです。私はまだ目にしたことがありませんが、ページスピードを重視していることは確かです。

遅いよりは当然早いほうが良いので、GTmetrixPageSpeed Insightsなどでページ速度の改善をしましょう。

 

▶ ウェブでも民主主義は機能する

Googleはサイトのコンテンツを評価する上で、ユーザーがウェブサイトに張ったリンクを評価しています。

一説には、Googleは200以上の項目とページランクアルゴリズムの技術を利用して、そのサイトやページの重要性を評価していると言われています。つまり、有益なサイトからのリンクが多ければ、それは自分のページがそれなりに評価されていると言えることになります。ただし、かつてのように、外部リンクを購入したり、リンクだらけのサテライトサイトのような存在に対しては評価が著しく下がるようです。

あくまでも自然にリンクを増やしていくことが重要なのです。

 

▶ 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない

現在ではスマートフォンは一般的になり、どんな人でも手軽に手に入れられるようになりました。ここ日本でもスマートフォンの普及台数は1億以上とも言われています。それだけ、スマートフォンの重要性が高くなり、ホームページなどのサイトもまた、スマートフォンへの最適化が必要になりました。

アクセスを増やすためにも、サイトをスマートフォンに対応したものにしておきましょう。

 

▶ 悪事を働かなくてもお金は稼げる

Googleの広告プログラムと実践では次のように書いてあります。

検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。Googleは広告というものはユーザーが必要としている情報と関連性がある場合にのみ役立つと考えています。そのため、検索結果ページに広告がまったく表示されない場合もあります。

Googleは営利企業ですが、必ずしも派手で目立つ広告を打たなくても効率よく宣伝ができると考えています。これはユーザーに関連する広告の方が、ランダムに掲載される広告よりもずっとクリック率が高いからです。Googleで検索をした時に、ページの上部に広告が掲載されます。

その場所は必ず広告リンク(スポンサーリンク)であることを明記していることからも読み取れます。Gogoleは決してお金を受け取って、検索結果を操作したりはしません。そんな目先の利益を追わなくても、ユーザーにとって公平性を担保できるような仕組みであれば、おのずと収益は上がることを知っているからです。

これはサイトを運営していく上でも重要なことなのではないでしょうか。

 

▶ 世の中にはまだまだ情報が溢れている

これを理解するのはちょっと苦労しました。

例えば、世の中には膨大な数のサイトがあります。その数は1億とも数十億とも言われ、その数は日々増え続けています。その多くはテキスト形式のサイトでしょうが、Googleはそれ以外の検索にも力を入れています。

例えば画像です。

Googleで検索をした時に、画像のみを表示する項目があることは誰でも知っていると思います。しかし、この項目はいつ頃実装されたのかは知りませんが、かつては無かったはずです。また、世の中には「書籍」や「文献」、「アーカイブ」などのような情報もまだまだたくさんあります。Googleは世の中にはまだまだ必要な情報がいっぱいあると考えており、それらの情報をどのようにしてユーザーに届けるか、日々研究しています。

サイトを運営していく上で「画像」や「アーカイブ」などに目を向けることは大切なのかもしれません。

 

▶ 情報のニーズはすべての国境を越える

Googleはアメリカの1企業でしたが、今や全世界にネットワークを構築する企業に成長しました。まさしく地球全体を覆うような形で情報を提供しつづけています。それはGoogle Mapsからも読み取れるでしょう。

Google Mapsを誰でも一度は使ったことがあると思いますが、その規模は凄まじいものです。まさしく地球の裏側までパソコンを通して体験することができるからです。もちろん、これらのマップの作製には専門の人が足を使って撮影したものです。また、Googleの翻訳機能を使えば、異なる言語でもある程度翻訳して閲覧することができます。この地球上のすべてをデータ化し、その情報を国や知識を超えて届けたいとするその理念に感服します。

サイトも品質の向上を目指し、時にはグローバルに対応することが重要なのかもしれません。

 

▶ 「すばらしい」では足りない

Googleにって1番であることはゴールではなく、出発点に過ぎません。Googleではありとあらゆるサービスを提供していますが、それらのサービスは日々改善を加えて技術革新を繰り返しています。すでにGoogleは世界規模の大企業ですが、これからも目標達成に向けて技術革新、より期待を上回る改良をしていくと思います。

それは検索におけるサジェスト機能や、スペルチェッカーなどに見て取れます。サイト運営も同じではないでしょうか?

継続した挑戦と、改善こそがサイトの質を高める第一歩だと思います。

参照:グーグルホーページ

 

 

Googleが掲げる10の事実から得るものはきっとたくさんある

Googleが掲げる10の事実から得るものはきっとたくさんある

上記では10の事実を一つずつ確認しながら、読み解いていきました。もちろん、これらの考察は私なりの考えなので、人によってはまた異なる考察となるでしょう。しかし、これらを考察する事は、決して無駄にはなりません。これらの情報は少なからずサイト運営にも役立てることが出来るからです。

当初私はサイトの運営のノウハウも、SEOに関しても、右も左も分からない状況でした。何の経験もなかった頃なので、当然ゴミのような記事をたくさん書いてきたことも事実です。ですが、少しづつ記事を積み重ねていくことで、人は何かしらの事実に気が付くものです。それはコンテンツの良し悪しです。それに気づいたとき、改善することの大切さが分かったような気がしました。今や記事数は360記事を超え、サイト運営やコンテンツが昔よりは上手く出来るようになりました。それはSEO対策効果が上がってきたからです。まさしく「改善」と「継続」のおかげだと思っています。

多くのユーザーが途中で挫折した経験があると思います。私も一時期そうでした。それは思ったような成果を上げられなかったからです。「改善」と「継続」は簡単そうですごく難しいことだと思います。それなりの時間と忍耐、何より勉強することが必要になるからです。

サイト運営で挫折しそうになっている時は、この10の事実をぜひ読んでみてください。

きっと得るものは多いと思います。

【スポンサードリンク】

 

 

ユーザーの視点に立った記事構成

ユーザーの視点に立った記事構成

 

▶ 構成にメリハリを

「読みやすい」、「読みにくい」はユーザーによって異なります。でもそれは自分基準でいいと思っています。自分が記事を見返した時に、読みやすいか・読みにくいかは自分で判断できることだからです。自分にとって読みやすい記事の構成になっているのであれば、それはきっと他のユーザーから見ても読みやすい構成になっていると思います。

あとは、説得力がある記事を書けるかどうかだと思っています。どんな物事でも、自分が徹底的に調べて自信を持っている内容であれば、きっとその思いや内容は相手に伝わります。それは文章量にもおのずと繋がってくると思います。短い文章量で何かを伝えようとしても、相手に伝わりません。

ユーザー視点に立って物事を伝えることは、SEO対策の効果を高める上で重要なことだと思います。

実践してみてください。

 

 

質の高いサイトからをリンクを得る

質の高いサイトからをリンクを得る

 

▶ 良いコンテンツには自然と人が集まる

いわゆる外部リンクですが、これは今でも有効な方法です。ですが、一昔前のような被リンクを購入したり、リンクだらけの中身のないサイトは評価を著しく落としてしまいます。大切なのは、「質の高いサイトからのリンク」です。いわゆる「ヤラセ」的なリンクの張りかたは通用しないということです。この方法でアクセスを得ていた多くのサイトが消えていきました。質の高いサイトからのリンクを得るためには、多くのユーザーの役に立つような良質なコンテンツを作成することです。

多くのユーザーが「役に立った」「ためになった」と思えば、自然と被リンクは増えていきます。

あえてリンクを増やそうとせずに「どうやって有益なコンテンツを作成しようか」を考えてほうが近道でしょう。

 

ページスピードを上げる

ページスピードを上げる

 

▶ 1秒未満が理想

Googleの10の事実でもあったように「遅いよりは、早いほうが良い」とはこのことです。検索されてから、ページが表示されるまでに1秒未満で表示されたほうがアクセスは増加することが分かっています。ページが遅いと、ユーザーはページが表示される前に他のページに移動してしまいます。それでは、せっかく訪問してくれたユーザーさんを、みすみす逃がすような結果になってしまいます。

コンテンツの質とページスピードを改善するだけで、アクセスを伸ばすことができます。

ページスピードを阻害する原因を特定することは難しいですが、ある程度分析することはできます。下記のツールを利用して、サイトを改善しましょう。

※評価が低いからといって必ずしもダメというわけではありません。

 

 

専門性・独自性を高める

専門性・独自性を高める

 

▶ 自分なりに、自分らしく

インターネットをしたことがある誰しもが一度は思ったことあるはずです。「似たようなページばかりだな…」と。当然、一つの物事に対して記事を書く際は、内容が似たり寄ったりになるのは当然のことです。ですが、自分の所感や考察といった独自の考えは、きっとあなただけの言葉になると思います。独自性とは、似たようなコンテンツを作るな!ではなく、自分なりの感想や考察を加えて、あなた独自の記事を作ってくださいねということです。それは、他の記事とは似て非なるものだからです。裏を返すと、他人の記事をコピペしたような記事は何ら評価に値しないということです。

また専門性も同じようなことが言えます。色んな情報を広く・浅く書くよりも、何か一つのことに特化して専門性を高めたほうが、アクセスを集めやすいことは確かです。例えば、それは「プラグインについて」でも「SEO対策について」でも良いわけです。サイトを継続する上においては、自分の興味のあることについて記事を書き続けたほうが良いように思えます。興味のないことについて、継続して記事なんて書けません。

自分を意見を相手に伝える記事作りが大切だと思います。

別に自分の意見が間違っていても良いと思います。だってそれは、良くも悪くもあなたの意見なのだから。

 

 

自分のサイトを分析する

自分のサイトを分析する

 

▶ 客観的に分析することの大切さ

簡単そうで、なかなか出来ない自己分析。ただ、インターネットにはサイトを分析できるツールがたくさん提供されています。代表的なものに「Google アナティリクス」があります。ものすごい多くの機能があるため、初心者がこれを使いこなすには非常に大変ですが、それでもサイトの分析において大きな力発揮してくれます。

インターネット上にはGoogle アナティリクスの設定から使い方まで幅広く情報を見つけることができますが、Google アナティリクス自体も何度かアップデートを繰り返しているため、管理画面などの構成がやや違っていたりします。それでも、コアな部分の設定は今までと変わらないため、参考になる部分も多いはずです。

Google アナティリクスをある程度使えれば、SEO対策の効果も見込めるので、ぜひ覚えましょう。

 

 

【キーワード関連】ビックキーワードよりもロングテールキーワードを

【キーワード関連】ビックキーワードよりもロングテールキーワードを

 

▶ ロングテールキーワードからの流入は全体の8割にもなる

これもSEO対策の効果を高める上で重要なことです。記事を作成する上で十分に検証しなければならない事がキーワードの選定です。それは、例えば「フィットネス」についてのサイトや記事を作るとします。しかし、「フィットネス」というキーワードは非常に競合率が高い「ビックキーワード」になります。これは検索してみると容易に分かるでしょう。ビックキーワードはユーザー数が多い一方で、上位表示される確率は低くなります。なぜなら、あまりにもライバルが多いからです。

そこで「ロングテールキーワード」に着目します。例えば、「退職者のためのフィットネス」や「産後のためのフィットネス」ならどうでしょうか。退職後に運動を始めようとしている人や、産後太りで悩んでいる人からのアクセスの流入が期待できます。このように、メインのキーワード+サブキーワード(ミドルキーワード)などを複合的に組み合わせることで、一定のユーザーを獲得することができるようになります。

SEO対策の多くの記事で「ロングテールキーワードを目指す」と書いてあるのは、このような事情があるからです。始めのうちはキーワードの設定自体難しいですが、色々なキーワードを試してみるのも一つの方法です。

攻略のカギは「ロングテールキーワード」にあります。

【スポンサードリンク】

 

【キーワード関連】ニッチなキーワードを見つける

【キーワード関連】ニッチなキーワードを見つける

 

▶ 競合者は少ないほど良い

ニッチなキーワードとは言い換えると「競合者が少ないキーワード」ということになります。ロングテールキーワードの項目でも述べましたが、効果的なキーワードを見つけることがユーザーを獲得する一つの方法です。

とはいえ専門性が高いキーワードを見つけるのは大変なことです。ニッチなキーワードが見つかっても、それについて何の知識もなければ、記事を書くことさえ困難でしょう。「言うは易く行うは難し」ですが、キーワードが的確であるならば、きっとユーザーは訪れてくれると思います。キーワードは、Googleのサジェスト機能やGoogle Adwordsなどを利用して探していきましょう。

※Google Adwordsは広告を出稿しないと利用できないようになってしまいました。

 

 

【キーワード関連】関連性の低いキーワードは避けること

【キーワード関連】関連性の低いキーワードは避けること

 

▶ 関係の薄い用語を繋げても意味はない

SEO対策の効果を高めるためには、関連した用語を使う必要があります。例えば、「パソコン 中古」や「インターネット ルーター おすすめ」などのような組み合わせだとお互いに関連しているので効果は高まります。逆に「パソコン ダイエットサプリメント」や「ルーター 洗顔」など何の関連性もない用語を組み合わせても、効果は得られません。

どんなジャンルであっても、特定の組み合わせの用語があるので、キーワードを洗い出して試してみる必要があります。

キーワードはいくつでも繋げることができますが、それに伴って、ユーザー数も少なくなります。キーワードは多くても3~4ぐらいにしたほうが良いでしょう。関連したキーワードはこちらのサイトである程度調べることができます。どんな用語が良く使われているのか、一度見てみましょう。

 

 

【キーワード関連】サジェストキーワードから予測する

【キーワード関連】サジェストキーワードから予測する

 

▶ もっとも簡単なキーワードサーチ

Googleにはサジェスト機能と呼ばれるものがあります。例えば、Googleの検索窓に「ルーター」と入力すると、上記のような用語の候補が一覧で表示されます。これがサジェスト機能です。Googleは世界中のユーザーが検索したテキストの入力データを収集し、比較的多く入力されている用語をいくつか提示してくれます。つまり、多くのユーザーがその用語を使って、何を調べているかをある程度推測できるわけです。

このサジェスト機能を利用することで、キーワードの組み合わせの候補を推測することができます。また、そのキーワードの組み合わせで検索を行えば、どれぐらいの件数のホームページがヒットするか分かります。この方法を使って積極的に、キーワードを洗い出しみてください。

 

 

【キーワード関連】キーワードに重みを付ける

【キーワード関連】キーワードに重みを付ける

 

▶ プライオリティーの重要性

キーワードを選定したら、次はキーワードにプライオリティーを設定します。たとえば、「パソコン フリーズ」という用語の組み合わせがあるとします。しかし、「フリーズ パソコン」という用語も考えられます。用語自体には違いはありません。一見して何も変わらないように思えますが、Googleの検索においては違う結果となります。ためしに、両者を検索してみてください。同じ用語であるにも関わらず、検索結果と規模が異なっていることが分かります。

キーワードの設定では、一番左側に配置されたキーワードが最も重みが付けられることになります。つまり、一番左側の用語が検索結果に影響を及ぼしているからです。このことから、キーワードの羅列にもプライオリティー(優先順位)が必要になります。このことから如何にタイトルが重要であるかを認識できると思います。SEO対策の効果を高めるためには、「キーワードの選定」と「プライオリティー」が重要だということです。

 

▶ 段落とタグの重み

次に段落の重みです。文章を構成する重要な要素が段落と言われています。それはただ文章を羅列した記事よりも、段落ごとにまとめられた記事のほうが見やすく、Googleにも評価されやすいいという特徴があるからです。そのために必要なことは、タグ(titleタグ、H1~H5タグ、strongタグ、aタグ)を効果的に利用することにあります。タグは以下のように使うとより効果的でしょう。

  • H1タグ・・・1ページ内に1つのみ。重要なキーワードを含める。
  • H2~H5・・・段落のサブ見出しに適用する。
  • strongタグ・・・強調したい言葉に付ける。文章にメリハリを付ける。
  • aタグ・・・キーワードを含めたリンクにすると効果的。

 

 

【キーワード関連】キーワードリサーチを定期的に行い研究する

【キーワード関連】キーワードリサーチを定期的に行い研究する

 

▶ キーワードの出現頻度が重要だが・・・

タイトルタグやH1タグなどにキーワードを配置することは重要ですが、それだけでは不十分でしょう。キーワードを効果的にテキスト内に出現(配置)することで、よりSEO対策の効果が高くなると言われています。ただし、このキーワードの配置が重要であり、あまりテキスト内に頻繁に出現させるとかえって逆効果とも言われています。ここら辺はユーザー自身で試しながら反応を探っていくほかありません。

選定したキーワードをどの位置にどのぐらい出現させるかで、SEOに対する評価もまた微妙に異なってくるからです。この事実はWordPressのプラグインseo Yoastのナレッジベースでも指摘されています。記事を書いてもアクセスが思ったように集まらないのであれば、キーワードと文章に対するキーワードの出現頻度を見直し、修正する必要があります。

【スポンサードリンク】

 

【キーワード関連】1ページ、1キーワードを心がける

【キーワード関連】1ページ、1キーワードを心がける

 

▶ キーワードを多用して記事を書いてはいけない

1ページ、1キーワードというのは、1つの記事内ではキーワードに関連したことを書くべきであるということです。例えば、SEO対策の記事を書いているとします。それとは異なる内容の「ルーターの不具合について」の内容を同一記事に載せるのはSEO対策を高める上では逆効果になります。もちろん、ダメというわけではありません。しかし、Googleの評価では、異なる内容のテキストが挿入されていると、記事に対する評価が結果として下がってしまいます。

1つの記事に対しては、選定したキーワードに基づく内容のみを記述するべきでしょう。

 

 

【記事関連】同じキーワードを複数の記事で使いまわさない

【記事関連】同じキーワードを複数の記事で使いまわさない

 

▶ 記事に対する評価が分散してしまう

同じキーワードを他の複数の記事で使いまわすことはSEO対策にとって望ましいものではありません。例えば、ある記事に「SEO対策について」のキーワードを設定したとします。これと全く同じキーワードを他の記事で設定してしまうと、同じキーワードに基づいて作成された記事が複数公開されることになり、結果として1ページあたりのGoogleからの評価は弱くなってしまいます。これを避けるためには、「SEO対策 内部対策の効果的な設定」や「SEO対策 外部対策の5つのポイント」など、異なる用語で複合的なキーワードを設定する必要があります。

他の記事でも同じキーワードを使いまわしている場合は、記事を見直してみましょう。

 

 

【記事関連】キーワードをタイトルに含める

【記事関連】キーワードをタイトルに含める

 

▶ 最も重要なキーワードを含める

タイトルの設定はSEO対策を高める上で非常に重要なポイントと言われています。昔から言われているのが、重要なキーワードをタイトルの一番左端に設定することです。また、「SEO対策の7つのポイント」などのようにタイトルに数値を入れると、ユーザーに対する訴求力がより高まり、SEOにとってもプラスになります。店舗などの場合には「フラワーショップ 岐阜」などのように、地域名を入れることで、検索にかかりやすいような対策をすることも重要になります。

選定したキーワードで思うようなアクセスが無かった場合、キーワードを変える必要もあります。

 

 

【記事関連】メタタグにキーワードを含める

 【記事関連】メタタグにキーワードを含める

 

▶ メタタグは必ず設定する

SEO対策の効果を高めるための重要な要素が、このメタデータの設定になります。メタデータ(メタディスクリプション)は記事の概要を表すものです。このメタデータはGoogleで検索をした時のスニペットとして表示され、SEO対策でも重要視されています。メタデータにはキーワードを含め、ある程度の長さである必要があります。seo Yoastのプラグインを利用しているのであれば、SEOのメタフィールドにテキストを入力することで、最適な長さが分かるようになっています。

どんな記事であってもメタデータは必ず設定しておくべきでしょう。

また、メタデータにおいても重複しないように設定する必要があります。メタデータが重複してしまうと、ウェブマスターツールホームで下記のようなエラーが発生します。定期的にウェブマスターツールを確認し、何か問題が発生していないかチェックしましょう。

重複するメタデータの改善方法!

 

 

【記事関連】画像のAltタグにキーワードを含める

 【記事関連】画像のAltタグにキーワードを含める

 

▶ 適切な画像の配置とキーワード設定

記事に適切に配置された画像のAltタグに、キーワードを含めた設定をすることはSEO対策にとっても有利になります。これも昔から言われていることですが、Altタグに何も設定しないよりも、したほうが効果があることは確かなようです。しかし、これに関しては色々諸説あることも確かです。アクセスを集めている記事によっては、必ずしも画像を使っているものばかりではありません。

とはいえ画像を適切に配置した記事とテキストのみの記事では、やはり印象は違ってくると思います。読んでいてユーザーが飽きない記事はどちらなのかを考えると、やはり目を休めるための要素(画像)があったほうが、私は良いと思っています。

ユーザーにとってベスト方法は何なのかを追求することは、きっとあなたのSEO対策を高める第一歩だと思います。

【スポンサードリンク】

 

 

SEO対策の効果は時間差がある

SEO対策の効果は時間差がある

 

▶ 忍耐と分析、改善が必要

SEO対策を行っても、すぐには望むような効果はあらわれません。ここら辺がつらいところだと思います。すぐに結果が出るのであれば、効果を分析して次に繋げる改善をすることができますが、目に見えるような効果が出るのは数週間か数ヶ月あとのことになります。つまり、すぐに分析することは出来ません。また、運によるところも大きいと思います。Googleは日々検索アルゴリズムを修正しているため、今までのSEO対策が逆に裏目に出たり、不利になることもあります。SEO対策は、その都度、その状況に合わせて適切に設定していく必要があります。

記事を公開後、数ヶ月経過したら、記事を見直して効果を確認することも大切です。

【スポンサードリンク】

 

よく読まれているSEO対策の記事

よかったらシェアしてください

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)