• 2015年2月6日

WordPressの再構築と子テーマの作成

WordPressの再構築と子テーマの作成

WordPressの再構築と子テーマの作成 424 283 パソコン生活サポート Pasonal

前回はXサーバーのphpMyAdminにsqlデータをインポートしました。

今回は、いよいよサイトの再構築と、保守性を向上させるために「子テーマ」を作成します。



 

移行の条件

  • ドメインはそのまま継続(変更しない)
  • さくら から Xサーバーへ移転
  • データベースは必要なテーブルのみ移動
  • 新規にWordPressをインストール
  • プラグインは最小限に
  • サイトを再現する(同じテーマを使用 and ついでにVer更新)

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

今からやることはこんな感じ

再構築と子テーマ

 

テーマファイルと画像ファイルの移動

テーマと画像をアップロード

サイトを構築する時に必要となるのは「テーマファイル」と「画像(upload)ファイル」です。さくらサーバーで使用していた上記2つのファイルを、Xサーバーに移し替えましょう。

「uploadファイル」はアップロードした画像全てが入っているので、多少時間が掛かります。

フォルダはさくらサーバーの以下の場所にあります。

  • 「テーマファイル」・・・/home/ドメイン名/www/wp-content/themes の中にあります。
  • 「画像ファイル」・・・/home/ドメイン名/www/wp-content/uploads です。

上記2つのファイルを、Xサーバーの同じ場所にアップロードしましょう。

 

XサーバーのWordPressサイトにアクセスできない?

今の状況

「テーマファイル」と「画像ファイル」をアップロードしたら、サイトを確認してみましょう。ですが、XサーバーのWordPressにアクセスできないハズです。

それもそのはず。

ドメインが同じ場合、今の状況ではさくらサーバーのWordPressに強制的にアクセスしてしまうからです。本来ならば、さくらサーバーの「ネームサーバー」を変更するのですが、その前に構築したサイトを確認する必要があります。ネームサーバーはまだ変更したくない。しかし、Xサーバーに構築したサイトは確認したい・・・。

そこで、hostsファイルを修正して、XサーバーのWordPressにアクセスできるようにしましょう!

 

サーバーアドレスを調べよう!

さくらサーバーやXサーバーのアドレスは以下から確認できます。

 

さくらサーバーのアドレス

さくらサーバーのアドレス確認

さくらサーバーコントロールパネル > サーバー情報とパスワード > サーバ情報の表示 > サーバーに関する情報

IPアドレス」にアドレスが記載されています。

そのIPアドレスを範囲選択して、コピーしましょう!

 

Xサーバーのアドレス

Xサーバーのアドレス確認

Xサーバーパネル > サーバ情報

IPアドレス」にアドレスが記載されています。

そのIPアドレスを範囲選択して、コピーしましょう!

 

移行先の新しいサイトを確認しよう

hostsファイルを修正し、Xサーバーの側のWordPressにログインできたら、サイトを確認してみましょう。元通りに表示されていますか?もしレイアウトが大きく崩れている場合は、何かの操作をミスって可能性があります。

原因がわかればいいですが、もし、原因がみつからない場合は、最初から再度試してみてください。分からないことに時間を費やすよりは、最初からトライしたほうが、上手くいくことが多いです。

 

【注意】

移行した直後では、以下の点が未設定となっている可能性があります。

  • メニューの設定が解除されている。
  • WordPressの設定項目がデフォルトに戻っている

この場合は、再設定を行ってください。

 

【確認のポイント】

  • レイアウト表示は崩れていないか?
  • 画像のリンクは切れていないか?
  • 新規投稿から投稿記事が正常に投稿できるか?
  • サイトの全てのページ「アーカイブ」「ページ」「投稿記事」が正常に表示されるか?

 

子テーマとは

さて、まず「子テーマ」とは何なのか?ということです。ものすご~く簡単に言うと、「親の能力をそっくりコピーした子供をつくる」ということです。WordPressを長く使っていると、やりたい事が色々出てくると思います。

「CSSでデザインをちょっと変更したいな」

「テーマに新しい機能を追加しよう!」

などなど、WordPressに触れる月日が長くなるにつれ、欲求も高くなるでしょう。しかし、「テーマ」もWordPress本体と同じくアップデートが必要になりますねよ?「テーマを更新する」ということは、すなわち「テーマを上書きする」ということです。テーマを上書きすると、自分が追加した独自の内容「CSSやfucntion」等は全て消去されてしまいます

また、イチから自分で書き直しても良いですが、それもまた大変な作業です。

そこで、この「子テーマ」が重要になるわけです。

WordPress Codex「子テーマとは」

 

【子テーマにするメリット】

  • 親テーマに影響を与えずに、カスタマイズできる
  • 保守・管理が容易になる

 

子テーマの作りかた

子テーマの詳細はCodex「子テーマ」で説明されています。上記のページを読んでいただいでもOkですが、ここではより簡単に説明します。子テーマを作成するためには、2つの手順を踏み、注意点を考慮する必要があります。

 

1.テーマフォルダを同じ階層に子テーマ用のフォルダを作成する

子テーマの作成

/ドメイン名/public_html/wp-content/themesの中に「テーマ名-child」を作成する

 

2.子テーマに必要な2つのファイルをつくる

  • 「style.css」ファイル
  • 「function.php」ファイル

 

【style.cssを作成】

スタイルシートの先頭(一番上に)に以下の記述をします。

ただし、留意事項にご注意ください。

 

留意事項

  • 「Theme URI」と「Template」は必須なので必ず記述すること(他は任意)
  • 必ずコメントアウトをすること
  • 必ずスタイルシートの初めに記述すること
  • 「Template:○example」○の部分は必ず半角スペースにすること(又は空白なしでもOK
  •  「Template」は親のテーマ名を記述すること

 

functions.phpへの記述

functions.phpには以下のコードを記述します。

 

functions.phpの tips

style.cssに「@import」を使用しても実現できますが、Codexでは推奨されていません。正しい方法ではこのfunctions.phpで「wp_enqueue_style」を使用することが明記されています。なぜなら、「@import」ではスタイルシートが複数ある場合に、モダンブラウザ以外では同時に読み込まれないためです。

つまりは、サイトのパフォーマンスが低下する可能性があるということです。

なので、あえて「@import」の方法は記載していません。

 

子テーマの有効化

WordPress管理画面 > テーマ から「子テーマ」を有効化しましょう。実際に、サイトが表示され、レイアウトが崩れていないことを確認してください。

※テーマによっては、一部レイアウトが崩れることがあります。

 

エラーになる場合

「このテーマは壊れています」とか「親のテーマが見つかりません」と表示される

この場合、「Theme URI」と「Template」が間違っている可能性があります。もう一度、2つの項目を見直してみましょう。大文字や小文字が違っていないか、全角スペースが混じっていないかなどを確認しましょう。

  • 「Theme URI」・・・子テーマまでのパス
  • 「Template」・・・親テーマの名前

 

サイトのレイアウトが崩壊している又は一部が表示されていない

親のfunctions.phpで以下のコードを使用している場合、エラーが発生する場合があります。

  • 「require_once 」
  • 「get_stylesheet_directory()」

この場合は、「get_stylesheet_directory()」の代わりに、「dirname(__FILE__) 」を代用してみましょう。

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう