• 2015年2月4日

Xサーバー WordPress を自動インストール

Xサーバー WordPress を自動インストール

Xサーバー WordPress を自動インストール 424 283 パソコン生活サポート Pasonal

前回はさくらサーバーのデータベースから、必要データをエクスポートしました。今回は、データをインポートするための前準備を説明したいと思います。



 

移行の条件

  • ドメインはそのまま継続(変更しない)
  • さくら から Xサーバーへ移転
  • データベースは必要なテーブルのみ移動
  • 新規にWordPressをインストール
  • プラグインは最小限に
  • サイトを再現する(同じテーマを使用 and ついでにVer更新)

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

今からやることはこんな感じ

Xサーバー WordPressインストール フロー

 

Xサーバー会員メニューにアクセス

ログイン画面

まずは、Xサーバーと契約していることが前提です。さらにドメインを契約している必要があります。ドメインとは「pasonal.com」や「pasonal.jp」といったものです。

さっそく、Xサーバー会員画面にアクセスしましょう。

 

会員画面にログインできたら、「サーバーパネル」にログインしましょう。

サーバーログイン

 

ドメイン設定

ドメイン追加設定
サーバーパネルにログインできたら、ドメインを追加設定します。ドメイン設定 > ドメインの追加設定 から、さくらーサーバーで使用していたドメインを設定しましょう。

「ドメインの一覧」から、ドメインが追加されたことを確認しましょう。

 

ドメインの切り替え

ドメインの切り替え
ドメインを追加できたら、ドメインを切り替えます。

こうすることで、Xサーバーのサーバー領域に専用のフォルダが作成され、WordPressが管理しやすくなります。設定対象ドメイン欄から追加したドメインを選択し、「設定する」のボタンを押します。2~3秒後には画面が切り替わり、画面上部にある「現在の設定対象ドメイン」が切り替わります。

※この時点でサーバー領域には「ドメイン名の専用フォルダ」が作成されています。

 

任意のデータベースを作成

MySQL5

サーバーパネルにある「MySQL5設定」をクリックし、任意のデータベースを設定していきます。

 

MySQLの追加とユーザー追加

データベースの追加とユーザーの追加
まずは、新規のMySQLを作成します。

「MySQLの追加」タブを選択し、データベース名と文字コード(UTF-8)を設定し作成してください。MySQLユーザーの追加は別段しなくても問題ありません。しかし、複数のWordPressを運営しているならば、作成したほうが良いでしょう。すでにデフォルトで作成されているMySQLユーザーがあるので、そちらを使用しても構いません。

私の場合では、便宜上作成しました。

ここで大切なのはユーザー追加の「ユーザーID」と「パスワード」を必ずメモしてください。このIDとパスワードは後で使用することになります。仮にパスワードを忘れた場合は、下記の方法からパスワードを変更してください。

「MySQLユーザの一覧 > パスワードの変更ボタン > 新規パスワードを入力」で変更できます。

 

作成したMySQLにアクセス権を設定する

MySQL一覧
MySQLとユーザーの追加ができたら、作成したMySQLのデータベースに「アクセス権」を設定します。

アクセス権とは「設定した権限を持った人のみが対象のデータベースを操作できるようにする」設定のことです。

アクセス権を設定して初めて、そのデータベースを利用することができます。

 

下記の画像の「アクセス権未所有ユーザ」の欄から、ユーザーを選択し「追加」ボタンを押します。

すると、「アクセス所有権ユーザ」に選択したユーザーが設定されます。

これで、そのデータベースを使用することができます。

 

WordPressを自動インストール

いよいよWordPressのインストールです。

ここでは、サーバーパネルからWordPressを自動インストールします。

最低限移動させるフォルダは「テーマ」と「アップロードした画像」のみです。

下記の手順にしたがいインストールしてください。

 

自動インストールをクリック

自動インストール
サーバーパネルの「自動インストール」という場所から、インストールを行います。

 

プログラムのインストールから選択

WordPressを選択
画面上部の「プラグラムのインストール」タブに切り替えてください。

WordPress日本語の項目の「インストール設定」ボタンを押します。

 

WordPressのインストール情報設定

WordPressをインストールするための情報を設定していきます。

慎重に設定してください。

インストールが終わると、画面に「WordPress管理画面」

 

サブディレクトリについて

「サブディレクトリ」・・・さくらサーバーと同じサブディレクトリ(フォルダ)名を設定します。

ここでサブディレクトリ名を間違えてしまうと、サイトの画像が全て表示されなくなります

ご注意ください。

※私の場合はさくらサーバーでも「直下」にインストールしていたため、同じように空欄にしてあります。

  • 例1:さくらサーバーで「/home/ドメイン名/www/wp」となっていたら、サブディレクトリ名は「wp」と入力します。
  • 例2:さくらサーバーで「/home/ドメイン名/www」となっていたら、サブディレクトリ名は「空欄」にします。

 

ログイン情報について

「ログインユーザ名」と「パスワード」は、後ほど管理画面にログインする時に必要になるものです。

忘れないように、必ずどこかにメモしておいてください。

Word か Excel にでも保存しおくといいでしょう。

 

データベースの選択

WordPressインストール情報設定

データベースは「自動で生成する」か「作成済みのもの」を選択できます。

「自動で生成する」の場合は、勝手にデータベースが作成されます。その際、パスワードを設定することになります。

「作成済みのもの」の場合は、「データベース名」「データベースユーザ名」を選択し、パスワードを入力してください。

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう