• 2018年4月26日

ロリポップで簡単FTP接続設定-Filezilla編

ロリポップで簡単FTP接続設定-Filezilla編

ロリポップで簡単FTP接続設定-Filezilla編 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

ホームページの制作を請け負いことが多いのですが、やはりどのお客様も少しでも費用を抑えるためにさくらサーバーやロリポップ!などの安価なレンタルサーバーを利用する方がかなり多いです。

ホームページを構築する際はWordPressで構築する場合が圧倒的に多いですが、ファイルのアップロードなどのにいては、私の場合はロリポップのFTPは使用しません。Webからのファイルアップロードはちょっと使いづらいので、FileZillaを使ってファイルのやり取りをコントロールしています。

幸いにもFileZiilaではマスターパスワードの機能も追加され、以前のようにセキュリティにやや弱いというイメージは解消されつつあります。FFFTPでもよかったのですが、個人的にはFileZillaの方が使い勝手が良いように思います。

さて、今回は「ロリポップで簡単FTP設定-Filezilla編」を記事にしたいと思います。

【スポンサードリンク】

 

【手順1】ロリポップにログインする

ロリポップ!にアカウント情報を入力し、ログインします。ドメインには「ロリポップ!のドメイン」と「独自ドメイン」の2つがあります。ムームードメインなどで独自ドメインなどを取得し、ロリポップで独自ドメイン設定をしたのであれば「独自ドメイン」を選択してください。

それ以外の人は「ロリポップ!のドメイン」を選択しましょう。

ユーザー専用ページにログインできたら、次に進みます。

 ロリポップにログインする

 

【手順2】アカウント情報を表示する

左側メニューから「ユーザー設定」>「アカウント情報」を選択します。画面右側に色々な情報が表示されますが、必要な情報は「サーバー情報」になります。FileZillaと接続するためには、以下の3つの項目が必要になります。

  • 「FTPS サーバー」
  • 「FTP・WebDAVアカウント」
  • 「FTP・WebDAVパスワード」

ユーザー設定を表示する

 

【手順3】FilleZillaにユーザーアカウントを設定する

FileZillaを起動します。

上部メニューファイルのすぐ下にあるアイコン1の場所)をクリックすると、サイトマネージャーが起動します。「新しいサイト2の場所)」を選択すると、新しいサイトに接続するための入力項目が表示されます。

同時に、ロリポップ!アカウント情報を確認し、必要な箇所にロリポップの情報をコピー&ペーストしていきます。

FileZiila側 ロリポップ側  参照例
 ホスト  FTPS サーバー  users〇〇〇.lolipop.jp
 ユーザー  TP・WebDAVアカウント  〇〇〇.〇〇-〇〇〇-〇〇
 パスワード  FTP・WebDAVパスワード  〇〇〇〇〇〇

Fillezillaにユーザーアカウントを設定する

【手順4】FileZillaで接続する

2回目以降、FileZillaで接続するためには、下記の「▼」を選択します。登録されている接続サイトの一覧から選択しましょう。これでいつでも、FileZillaからアクセスすることができます。

FileZillaで接続する

【スポンサードリンク】

 

ロリポップで簡単設定 – 記事一覧

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)