Googleアナティリクスでリファラスパムをブロック!

Googleアナティリクスでリファラスパムをブロック!

Googleアナティリクスでリファラスパムをブロック!

600 450 パソコン生活サポート Pasonal

最近Google アナティリクスを解析していると、妙なリファラがやってきます。

どうやら海外のとある国から頻繁に来ているようですが・・・。どうやら「リファラスパム」と呼ばれている悪質なリンクのようです。

さて、本日はGoogle アナティリクスのことを記事にしたいと思います。

 

Google アナティリクス の奇妙なリファラ

最近Googleアナティリクス界隈で奇妙なリファラが登場し始めました。

それが以下の3つになります。

  • Secret.google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!
  • o-o-8-o-o.com search shell is much better than google!
  • Google officially recommends o-o-8-o-o.com search shell!

※スパムは日増しに増えているので、今後新しいものがどんどん増えると思います。

真面目に解析しているのに、なんて迷惑なんだと思いながら、ずっと無視しつづけてきました。

しかし自分のだけならいざ知らず、お客様のデータも管理しているため影響あるのはいかがなものか・・・と、色々と調べてみることにしました。

 

 

リファラスパムはどこから来ているのか?

たぶんリファラスパムだと思いますが、これらは一体どこから来ているのでしょうか?

Google アナティリクスを調べてみると、ほとんどが極寒の地Russia(ロシア)から送られてきていました。

まさしく「おそロシア」ですね・・・。

ロシアからのアクセスが多い

 

 

以下が、悪意あるリファラスパムの詳細データになります。

滞在時間は、なんと4分近くありました。

リファラスパムの滞在時間

 

 

さらに詳細に調べてみると、「モスクワ」、「サンクトペテルブルク」からが圧倒的でした。

Secret.google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!のリファラスパム

 

恐らくですが、他の人のところにも大量に送り付けられているはずです。

解析担当者さんはさぞかしイライラしていることでしょう・・・。

 

 

正しく解析するための2つの方法

Googleアナティリクスの解析をしやすくするためには、以下の二つの方法が有効になります。

  1. セグメントから不必要なリファラを除外する。
  2. フィルタから除外する。

 

1.セグメントからリファラスパムを除外する

リファラスパムの状況

上記が現在のリファラスパムの状況です。

「ja」「ja-jp」以外のリファラは必要ないので、セグメントから除去します。

 

サマリーのセグメントを選択

サマリーを表示させ、「すべてのユーザー」の横にある「+セグメント」を選択します。

上記の「+セグメント」はちょうど画面中央あたりにあるはずです。

 

セグメントの新規作成

「+セグメント」をクリックすると、上記のような項目がしたに表示されます。

「新しいセグメント」のボタンをクリックします。

 

条件を選択

項目から「条件」を選択します。

 

ホスト名を設定する

上記のように、フィルタに「ホスト名」を設定し、サイトのドメインを入力します。

※ホスト名は、2の検索項目で「ホスト名」と入力すれば、3のように項目が表示されます。

 

さらにフィルタを追加

さらにフィルタを追加します。

 

同じように言語セグメントを設定する

同様に、言語でフィルタを設定します。

言語はサイトの性質はユーザーごとに異なると思いますが、私の場合は「ja」、「ja-jp」、「ja-ja」などに設定しました。

 

最終的に設定したセグメントのフィルタ

最終的に上記のようにセグメントのフィルタを設定しました。

 

フィルタ名を入力

最後にフィルタ名を上記のように設定し、「保存」します。

分かりやすいものなら任意のものでOKです。

 

最終的な結果

最終的にどうなったのか見てみましょう。

上記のように、設定したもの以外フィルタリングされています。

 

 

2.フィルタからリファラスパムを除外する

 

Google アナティリクス 管理画面からフィルタを選択

Google アナティリクスにログインし、「管理」を選択します。

ビューから「フィルタ」を選択します。

 

 

フィルタを追加

フィルタを追加します。

 

 

参照でフィルタを設定するパターン

フィルタの詳細情報を追加していきます。

下記のようにフィルタを追加してください。

 

カスタムフィルタの設定

除外のフィルタフィールドは「参照」なのか、「言語」なのか、「国なのか」分かりません。私は「参照」で設定して様子を見ています。他のサイトなどを確認したのですが、「言語」にしている人もいれば、「キャンペーン」などに設定している人もいました。

私自身勉強中のため、正確な設定ではないのかもしれません。

ご参考までにお願いします。

 

 

国でフィルタを設定するパターン

こちらは「国」で「ロシア(Russia)」のリファラを除外するフィルタ設定です。

 

国でフィルタを設定するパターン

「参照」のフィルタと、こちらの「国」のフィルタのどちらに効果があるかわかりません・・・。

ご参考までに。

 

 

フィルタを設定したあと

さて、これでリファラスパムを除外するための設定が完了しました。

効果が現れるまでに多少時間が掛かるようです。その間にも「ロシア」や「アメリカ」からどしどしリファラスパムがやってきています。

Googleアナティリクスはアクセス解析をするには欠かせない存在であり、多くの企業で活用しているところも多いと思います。しかし、その半面、項目が非常に多く、複雑なため、勉強中の私はまだまだ使いこなせていません。

該当する書籍も購入して勉強していますが、Googleアナティリクスのバージョンが切り替わったあたりから、参考書との内容がかけ離れてしまいました・・・。

※非常に高かったのですが・・・。

これを機にもっとGoogleアナティリクスのことを勉強しようと思っています。

何か良い参考書があったら教えてくださいね。

返信を残す