• 2017年6月20日

ROUND関数 と TRUNC関数の使い方を徹底解説! 数値を丸める…

ROUND関数 と TRUNC関数の使い方を徹底解説! 数値を丸める…

ROUND関数 と TRUNC関数の使い方を徹底解説! 数値を丸める… 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

■サンプルデータ

ROUND関数とTRUNC関数のサンプルデータです。

動作の確認検証に使用してください。ただし、関数によっては未完成のものもあります。

今後バージョンをアップしていきます。定期的にダウンロードしてみてください。

※未完成なので、ご了承ください。少しづつ完成させ、アップロードしていきます。

【スポンサードリンク】

 

■数値を丸めることができる関数一覧

数値を丸めることができる関数は以下の通りだけど、ちょっと注意が必要です。

切り捨て、切り上げ、四捨五入とそれぞれ用途が異なるので、よく確認してから利用しましょう。

関数名 用途 書式
ROUND 四捨五入 =ROUND(数値 , 桁数)
TRUNC 切り捨て =TRUNC(数値 , 桁数)
ROUNDUP 切り上げ =ROUNDUP(数値 , 桁数)
ROUNDDOWN 切り捨て =ROUNDDOWN(数値 , 桁数)

 

【桁数の指定値】

プラスの値だと小数点を、マイナスの値だと整数部分になります。

桁数 説明
小数第3位で切り捨て
小数第2位で切り捨て
小数第1位で切り捨て
小数点以下すべて切り捨て
-1 整数第1位で切り捨て
-2 整数第2位で切り捨て
-3 整数第3位で切り捨て

 

【スポンサードリンク】

 

■TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違い

TRUNC関数とROUNDDOWN関数はともに桁数を指定することで、数値を切り捨てることができます。

明確な違いはありませんが、違いはTRUNC関数は桁数の指定を省くことができる点です。これはデフォルトの規定値が0となっているためです。

一方ROUNDDOWN関数は、桁数を省くことができません。

実際には、どちらを使用してもOKです。

 

例1 数値「25.58785」にROUNDUP関数を使用した場合

数値「25.58785」にROUNDUP関数を使用した場合

=ROUNDUP(A5,1)

桁数に小数点第1位を指定します。

 

例2 数値「25.58785」にROUNDDOWN関数を使用した場合

数値「25.58785」にROUNDUP関数を使用した場合

=ROUNDDOWN(A5,1)

桁数に小数点第1位を指定します。

 

例3 数値「25.58785」にTRUNC関数を使用した場合

数値「25.58785」にROUNDUP関数を使用した場合

=TRUNC(A5,1)

TRUNC関数は桁数の指定を省くこともできます。

その場合は、規定値が0となります。

 

例4 数値「25.58785」にROUND関数を使用した場合

数値「25.58785」にROUNDUP関数を使用した場合

=ROUND(A5,1)

桁数に小数点第1位を指定します。

 

例5 千円単位で四捨五入する場合

千円単位で四捨五入する場合

=ROUND(K34/1000,0)

円の単位から、千の単位へ四捨五入した場合です。

1000で除算し、桁数に0を指定することで小数点以下を切り捨て四捨五入します。

 

 

■おさらい:数値を切り上げるなら

【例1】=ROUNDUP(A5,1)

 

■おさらい:数値を切り下げるなら

【例2】=ROUNDDOWN(A5,1)

【例3】=TRUNC(A5,1)

 

■おさらい:四捨五入するなら

【例4】=ROUND(A5,1)

数値の丸めは関数名は違えど、すべて同じ書式です。

桁数を指定することで、任意の位置を選べます。

 

■おさらい:千円単位で四捨五入するなら

【例5】=ROUND(K34/1000,0)

1000で除算し、桁数に0を指定することで小数点以下を切り捨て四捨五入します。

 

集計や統計を求める

※分散、偏差、歪度、回帰直線などは省いています。  

日付・時刻を求める

  • 日付や年、時刻を求める
  • 日付から年、月、日、時間などを取り出す
  • 日付が何週目かを求める
  • 期限(数ヶ月前、数ヶ月後、期間)を求める
 

条件によって判定させる

  • 条件を決めて判定する
  • 複数のすべての条件が満たされているかを判定する
  • いずれかの条件が満たされているかを判定する
  • 条件が満たされていないことを判定する
  • エラーだった場合に判定する
 

セルの内容を調べる

  • セルが空白かどうかを調べる
  • セルの値がエラーかどうかを調べる
  • 文字列かどうか調べる
  • 数値かどうか調べる
  • 偶数か奇数かを調べる
  • 数式かどうかを調べ、取り出す
  • エラーの値やデータの種類を調べる
 

ある特定の値を探す

  • 列または行方向に検索する
  • 引数のリストから値を検索する
  • 配列から特定の値を検索する
  • 指定したセルの参照値を検索
  • セルの列番号を調べる
  • セルの行番号を調べる
  • 列数を調べる
  • 行数を調べる
  • セルの参照を調べる
  • 行と列の位置を入れ替える
  • ハイパーリンクを作成する
  • ピポットテーブルからデータを取り出す
 

文字列を操作する

  • 文字数を求める
  • 左端から指定した文字数だけ文字列を取り出す
  • 右端から指定した文字数だけ文字列を取り出す
  • 指定した位置から文字数だけ文字列を取り出す
  • 文字列の位置を調べる
  • 指定 or 検索した文字列に置換する
  • 文字列を連結する
  • 文字列の前後の空白を削除する
  • 印刷できない文字を削除する
  • ふりがなを取り出す
  • 指定回数だけ文字列を繰り返す
  • 全角文字 or 半角文字に変換する
  • 英字を大文字 or 小文字に変換する
  • 数値を表す文字列を数値に変換する
  • 英単語の先頭文字を大文字に変換する
  • 文字列が等しいかどうか調べる
 

データベースを制御する

  • 条件を満たす数値の個数を求める
  • 条件を満たす空白以外のセルの個数を求める
  • 条件を満たすセルの合計を求める
  • 条件を満たすセルの平均を求める
  • 条件を満たす最大値 or 最小値を求める
  • 条件を満たすデータを探す

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)