さくらサーバーのドメインをXサーバーへ移管させる6ステップ

さくらサーバーのドメインをXサーバーへ移管させる6ステップ

さくらサーバーのドメインをXサーバーへ移管させる6ステップ

640 430 パソコン生活サポート Pasonal

さて、今回は『さくらインターネット』から『Xサーバー』へドメインを移管させる手順を記事にしたいと思います。

『移管』とは、ドメインを他社へ移し替えることです。

初心者でも分かるように、手順を追って解説していきたいと思います。

 

『移管』と『移転』の違い

移転(DNS変更) / 難易度:簡単

ドメインを登録した会社からドメインを移動させず、DNS(ネームサーバー)の設定のみを他社の設定値に変更させることです。

 

移管(指定事業者の変更) / 難易度:高い

ドメインを登録した業者から、他社へ移し替えること。

 

上記は違いをざっくり説明したものです。

『移転』の方が作業的には簡単であり、設定値を変更するだけで終わりです。一方、『移管』のほうは、難易度が高くなります。様々な手続きを踏まなければならず、始めて挑戦する方は混乱するかもしれません。

ですが、順を追って続きを踏んでいけば、すんなり移管できるでしょう。

移管の仕方で悩んでいるユーザーさんはステップ by ステップで進めてみましょう。

 

 

なぜ移転ではなく、移管なのか?

別にドメインを移転(DNSを変更)するだけでもよかったのですが、私の場合はドメインを移管することで下記のメリットがあります。

『複数のドメインがある場合、一ヶ所で管理したほうが効率が良いから』です。

(更新手数料は少し安くなります。)

私の場合は、独自ドメインを5~6個利用してるため、一ヶ所で管理したほうが分かりやすいからです。

ドメインの更新手数料を少しでも安くしたいという方は、ムームードメインやなどを利用することで、お金を節約できるでしょう。

 

 

ドメイン(.com)の更新料金 比較表

バリュードメイン 1,160円
ムームードメイン 1,280円
お名前.com 1,280円
エックスサーバー 1,500円
さくらインターネット 1,852円
  • ※各社キャンペーン中は、さらにドメイン料金が安くなる場合があります。
  • ※上記の会社はどれもメジャーで一定の信頼がおける会社を紹介しています。
  • ※いずれも2016年10月現在の金額です。

 

 

【!】ドメインの移転を慎重に検討したほうが良い会社

  • みんなのドメイン
  • リンククラブ

ドメインの取得や更新手数料は安いですが、メジャーな会社でドメインを取得・移管するようにしたほうが良いでしょう料金が安いからと言って、過去に色々とごたついた会社と契約すると、何かとトラブルになりやすいです。

何事もそうですが、安いからといって飛びつくのではなく、一呼吸おいて検討するようにしてください。

リスクを把握したうえで、それでも最安値にこだわりたい人は、上記のような会社でもいいと思います。

 

 

この記事での独自ドメイン移管の条件

この記事では、独自ドメインを変更することなく、他社のレンタルサーバーに移管させ、新しい移管先でホームページを作成する手順を記載しています。

条件は以下の通り。

  1. 独自ドメインは変えずに、そのまま継続して使用する。
  2. さくらのレンタルサーバ スタンダード』から『エックスサーバー』へドメインを移管させる。
  3. Xサーバー側で新しく移管したドメインでWordPressサイトを構築する。

 

 

移管までの流れ

以下の手順で解説が進みます。

この記事での独自ドメイン移管の条件

  1. さくらインターネット』で移管手続き(転出)を申請する。
  2. 移管に必要な[オースコード]をさくらインターネットからメールで受け取る。
  3. エックスサーバー』でドメイン移管(受け入れ)を申請する。
  4. 移管にかかる手数料を『Xサーバー』に支払う。
  5. 会員パネルから再度『移管申請の確定』を行う。
  6. さくらサーバーのDNSを変更する。

※画像の番号と手順の番号は若干異なっています。

 

1.『さくらインターネット』で移管手続きを申請する。

下記の赤枠を見ながら必要ステップを踏んでいきましょう。

さくらインターネット ログインパネル

転出をする

同意する

転出要件を入力する

転出要件の確認

 

 

2.移管に必要な[オースコード]をメールで受け取る。

さくらインターネット』で転出の手続きをすると、下記のようなメールが5~6時間後に届きます。

このメールには[ オースコード ]と呼ばれる認証キーが記載されています。この認証キーは後程、必要になります。また、このメールは重要なので誤って削除してしまわないように、キチンと管理しましょう。

移管に必要な[オースコード]をメールで受け取る

 

 

3.『Xサーバー』でドメイン移管を申し込む。

まずは、Xサーバーの会員パネルにログインしてください。

会員パネルから、Xサーバーからドメインを移管するための『追加の追加の申し込み』を行います。

 

『Xサーバー』でドメイン移管を申し込む。

移管申請の申し込み

移管させるドメインの入力

移管ドメインの確認

 

4.移管の手数料を支払う。

次は移管するために必要な手数料を支払います。

クレジットカードを使用すると良いでしょう。クレジットカード以外では、銀行振り込みなどがあります。

手数料の手続きが済むと、メールが来ます。削除しないように、保管しておきましょう。

料金の支払い

支払い確認メール

 

 

5.移管申請を行う

『契約情報』 > 『独自ドメイン契約情報』パネルから『移管申請』を行います。

移管申請しても、結果はすぐには反映されません。

1~2日経過すれば反映されるので、そのまま待ちましょう。

移管申請の手続き

オースコードの入力

移管申請の完了

 

 

6.さくらインターネットのDNSを変更する

ドメインの移管が完了したら、1日待ってからDNSを変更します。

さくらインターネット側のDNSを変更しないと、エックスサーバーのWordPressの管理画面にアクセスしても、さくらインターネット側にあるホームページに移動してしまいます。

これではログインできないので、さくらインターネット側のDNSの設定値をXサーバーが指定するものに変更する必要があります。

 

さくらインターネットのDNSを変更する

WHOISの変更

DNSをXサーバーの値に設定する

※さくらサーバー側のDNSは『NS1.XSERVER.JP』を1~4まで設定します。

 

 

あとがき

さて、上記の6ステップで『ドメインの移管』と『DNSの変更』は全て完了しました。

しかし、DNSを変更してもすぐには反映されません

3~6時間ほど待ってから、Xサーバー側のWordPressにアクセスしてみましょう。

また、『さくらインターネット』はすぐに解約せずに、2~3週間、『Xサーバー』と並走させる必要があります。

これは、検索エンジン側がすぐには対応できないからです。

さくらインターネット側が『HTML + CSS』で作成されたホームページであり、Xサーバー側が『WordPress』で構築(リニューアル)したホームページだった場合、検索エンジンは『さくらインターネット側』の情報をしばらくの間保持しているからです。

さくらインターネットを解約するということは、レンタルサーバーに格納されているホームページも閲覧不能な状態になるため、今までサイトを訪れていたユーザーさんにご迷惑をお掛けする結果になります。

そうならないようにするためには、『さくらインターネット』側と『Xサーバー』側をしばらく並走させる必要があるのです。

焦って、すぐに解約しないようにしましょう。

返信を残す