• 2016年8月3日

Amazon 読み放題 を徹底検証

Amazon 読み放題 を徹底検証!

Amazon 読み放題 を徹底検証

640 430 パソコン生活サポート Pasonal

今まで読み放題のサービスは一部では展開されていたものの、ここにきて通販大手のAmazonが読み放題サービスを始めました。

NTTドコモ・KDDIなども読み放題サービスを展開していますが、Amazonはどのようなラインナップなのでしょうか?業界大手の参入でますますヒートアップする電子書籍サービス。

まさしく『電子書籍』戦国時代の幕開けとなりました。

今回は、Amazon 読み放題 サービス『キンドル アンリミテッド』を検証したいと思います。

まずは、『Amazon 読み放題 サービス』と『yahoo』、『au』など3社を比較していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

What’s New!

さて、2016/8/31日、このたびAmazon 読み放題において衝撃的なニュースが飛び込んできました。

Amazon 読み放題 人気本消える?!』というものです。

記事によると、同サービスで人気のある漫画や写真集がラインナップから外れ始めたということのようです。それにはとあるAmazon側の裏事情があるみたいですが・・・。

何やら想定外の利用者が同サービスを利用したことにより、Amazon側が相手に支払う利用料が困難になったとのこと。

Amazon側は契約者数を公表していませんが、どうやら予想を超える人が同サービスを利用したことが原因のようです。

果たして『Amazon 読み放題』サービスは今後どのような方針をとっていくのでしょうか?

今後の展開が注目されます。

 

 

各社のサービスの特徴

Amazon Yahoo au
サービス名 キンドル アンリミテッド Yahooブックストア ブックパス
読み放題の冊数 12万冊以上 2万冊以上 4万冊以上
月額料金 980円 432円 400円
利用端末 スマホ / タブレット / PCなど スマホ / タブレット / PCなど スマホ / タブレット / PCなど
国外利用 アメリカ / フランスなど他11国 不可 不可
無料期間 初回 30日間無料 初月無料 初回 30日間無料
アカウント作成 必須 必須 必須
決済方法 クレジットカード クレジットカード au簡単決済 / コイン決済
  • ※パケット通信料が別途かかる場合があります。
  • ※Wi-Fi 環境で利用することをおすすします。

 

読み放題の冊数について

読み放題の冊数は各社大きく異なっています。auも4万冊以上と多いですが、Amazonはもっとも最多の12万冊以上であり、Yahooは2万冊以上となっています。『小説・マガジン・コミック』などのジャンル別の冊子数と本のタイトルなどは、後程検証していきたいと思います。

 

月額料金について

Amazonは980円で最も高い金額ですが、yahooとauはその半分程度の値段で利用することができます。ただし、冊数も考慮すると、Amazonが一番お得な感じがします

 

利用端末について

各社ともほぼ全ての端末で利用できますが、バージョンなどの制限があります。

たとえば、Androidやios、PCのブラウザのバージョンが古かったり、OSがXPの場合などは利用できません。AmazonはMacでも読み方が対応しているようですが、auはMacに対応していません。

契約する前に、必ず下記のページを確認してから契約するようにしてください。

 

国外利用について

AmazonはKindleアプリさえインストールしておけば、国外の11の地域で読み放題が利用できます。

yahoo・auは国外では利用できません、国内のみのサービスとなります。

これはあまり考慮する必要がなさそうですが、海外に出かける機会が多い人は、選択肢の一つになりそうです。

 

無料期間について

Amazon、au、yahooともに、初回のみ30日間無料で利用することができます。ただし、ここで気を付けなければならないのは、一度登録したら無料期間が過ぎても自動的に更新されてしまうということです

無料期間だけ試したい人は、無料期間終了間近になったら、必ず解約手続きをするようにしましょう

でないと、口座から自動で引き落とされてしまいます。

 

 

各社の冊子のジャンル別の冊子数

Amazon Yahoo au
小説・文学 19,841冊   781冊 4,063冊
ビジネス・経済 8,137冊   651冊 1,390冊
趣味・実用 7,299冊   120冊 25,767冊
生活・暮らし・子育て 5439冊   543冊 120冊
コミック 32,759冊   24,934冊 6,230冊
雑誌 3,922冊 297冊 346冊
洋書 1,311,199冊   –  –
  • ※複数のジャンルにまたがって重複している書籍が多数あります。
  • ※上記の数値はおおよその数です。

各社とも一つの書籍が複数のジャンルにまたがっているため、正確な数字は出せませんでしたが、上記のような結果になりました。

 

Amazon 読み放題 の特徴

Amazonの読み放題『キンドル アンリミテッド』は、やはり洋書が圧倒的でした。英語が得な方にとっては、この読み放題サービスは夢のようなサービスです。

次に多かったのは『コミック』です。これは意外でした。

当初はあまり期待していなかったのですが、yahooやauの読み放題サービスよりも遥かに多くの書籍を読むことができますこの点はポイントが高いですね。このAmazonの本気さは正直、驚きました。ほかの読み放題サービスを圧倒しています。

どのジャンルも平均的に4,000冊はあるので、月額980円でも、長く利用できそうです

 

yahoo ブックストア の特徴

Yahooの読み放題『ブックストア』は、コミックが中心であり、それ以外の書籍はあまり揃っていません。金額的にはAmazonの半分程度なので、この差をどう考慮するか・・・ですね。

コミックしか読まない人であれば、検討する価値はありそうです。

 

au ブックパス の特徴

一方で、auの読み放題『ブックパス』は各ジャンルにかなり偏りがあります。『趣味・実用書(ビジネス・経済・医学や辞典など)』が圧倒的に多いです。しかしコミックもそれなりに揃っています。

ただし生活や暮らし子育ての書籍や、雑誌などは数が少ないようです。

読み放題は魅力的なプランですが、読みたい本がなければ、お金の無駄になります。まずはじっくりとランナップを確認してから検討するようにしましょう

 

 

読み放題プランの目的別チェック

仕事のためにビジネス・経済を読みたい人 Amazon
実生活で役立つ、生活・子育てを読みたい人 Amazon
雑誌・マガジンを中心に読みたい人 Amazon
旅行・電車などで小説を読みたい人 Amazon / au
趣味を追求するために趣味・実用書を読みたい人 au
暇つぶしのためにコミック・漫画を読みたい人 Amazon / Yahoo
洋書を読みたい人 Amazon

Amazonの読み放題サービスの冊数が桁違いに多いため、上記のような結果になってしまいました。

ですが、Amazonの漫画には微妙なものばかりしかありません・・・。とはいえ、Amazonに限らず、他社の読み放題も似たようなものかもしれません。

Amazonは冊数が多いですが、結局、自分が読みたい書籍がどれぐらいあるかがポイントだと思います。

 

 

Amazon 読み放題 の使い方

無料体験を始めるをクリック

30日の無料体験

30日間の無料体験』ボタンをクリックします。

Amazon Primeに加入している人であれば、ボタン一つで簡単に始めることができます。加入していない人は、アカウントを登録する必要があります。

作成したアカウントでログインします。

 

Kindle Unlimited本を表示をクリック

Amazon Kindle Unlimited

Kindle Unlimited 本を表示』のリンクをクリックします。

 

書籍を選択する

読み放題から選ぶ

左側には『ジャンル』があり、右側には読み放題の対象となっている書籍が表示されています。

読みたい本を選択します。

 

読み放題ボタンをクリック

読み放題の対象

画面右側の表示を確認します。

念のため『読み放題対象』となっているか確認しておきます。

『読み放題で読む』をクリックします。

 

デバイスを選択する

Kindle Cloudか配信の選択

『Kindlw Cloud Reader』はPCのブラウザ上で起動するものです。

パソコンでそのまま書籍を読みたい人はKindle Cloud Reader』をそのままクリックします。

パソコンにKindleアプリが入っている場合は、『配信ボタン』の横にある項目から『~のKindle for PC』を選んでも良いでしょう。スマートフォンやタブレットで利用したい場合は、『Android Device』を選択してから『配信ボタン』を押します。

ただし、選択した書籍によっては選択できない項目があります

以下の端末ごとの違いを載せておきます。

  • Kindle Cloud Reader・・・ブラウザ上ですぐに読みたい場合に利用
  • Kindle for PC・・・PCにKindleアプリがインストールされている場合に利用
  • Fire・・・Amazon Fire タブレットで読みたい場合に利用
  • Android Device・・・ スマートフォンで読みたい場合に利用

 

 

Amazon 読み放題 の注意点

Amazon 読み放題 の注意点

プランに加入すれば、膨大な書籍を無料で楽しむことができますが、書籍のストックには制限があります

書籍は最大で10冊までしかストックできません11冊目をストックしようとすると、一番古い書籍から削除することになります。一度に大量にストックしておくことができないので、利用する場合はその都度追加していくことになります。

 

 

追加した書籍の管理

追加した書籍の管理

追加した書籍の管理はKindle Unlimited マイブック』から管理することができます。『トップページ』と『書籍を追加した時のページ』の両方にあるので、クリックしましょう。

 

コンテンツの管理

書籍の削除

書籍を追加すると、マイブックの管理画面に書籍名が表示されます。Kindle Unlimitedは最大で10冊までしか追加できないため、最大で10個しか表示されません。

追加した書籍を『配信』or『削除』するためには、次のような操作が必要です。

 

個々の書籍の配信

個々の書籍の配信

配信先の選択

複数の書籍を一度に配信する場合は『チェックを入れ』、『配信ボタン』を押します。

次に、『配信する端末』を選択して『配信ボタン』を押してください。

 

読み放題書籍の削除

読み放題書籍の削除

読み放題で追加した書籍を削除する場合は、アクションボタン』を押します。

ポップアップ表示された項目から『この本の利用を終了』を選択してください。これで追加した書籍が管理画面から削除できるはずです。手順が少し分かりづらいので、最初は迷うかもしれません

※チェックをつけて『削除』ボタンを押しても、書籍は削除されません。ご注意ください。

 

Amazon 読み放題 の評価

書籍の豊富さ
管理のしやすさ 3
書籍の読み込み速度 4 or 2(Readerの場合)
書籍の使いやすさ 4
月額料金 3

※5段階評価

 

種類の豊富さ

他の読み放題サービスを圧倒する『12万冊以上』の書籍は、Amazonの大きな魅力の一つです

様々なジャンルも書籍の種類が多いので、長く利用できそうです。

 

管理のしやすさ

正直、マイブックの管理画面は扱いづらいものになっています。

始めは、削除と利用停止の区別がついておらず、混乱しました。削除の場合は、『書籍を購入したとき』に利用できるもので、読み放題の書籍を削除する場合は、『利用停止』をしなければなりません。

この操作は混乱する人が多数いると思います。

もう少しインターフェースを考慮してほしかったですね。

 

書籍の読み込み速度

『Amazon Cloud Reader』で書籍を読む場合は少し注意する必要があります。

パソコンのブラウザを利用した『Amazon Cloud Reader』は、ページをめくるごとに読み込みが発生し、非常に使いづらいです書籍を快適に読みたいのであれば、『Kindle Fire タブレット』やスマートフォンの端末などを利用しましょう。そちらでは読み込みもなく快適に閲覧することができます。

 

書籍の使いやすさ

書籍を『Kindle Fire タブレット』やスマートフォンの端末でダウンロードする際は、若干時間がかかります

ですが、書籍のページめくりは快適でスムーズです。特に気になることはありませんでした。

※ページ送りは左側で制御できます。

 

月額料金について

今回比較した3社の中でもっとも高い980円ですが、これを高いと見るか、それとも妥当と見るかは、ユーザーによって異なると思います私はこのサービスの内容で、この値段だったら、十分元が取れる値段だと思っています。

残念なのは、Amazon Primeとは別サービスだということです。

Amazon ビデオの場合は、Amazon Primeにさえ加入していれば、無料で見放題でした。ですが、このサービスは別途料金が発生します

Amazon Primeのサービスに組み込んでくれたらもっと良かったです。

 

総評

電子書籍読み放題定額サービスに乗り込んできた通販大手のAmazonですが、その本気さが見てとれます。1人のユーザーが複数の定額サービスを利用することは考えにくいので、ユーザーはよりお得なサービスへと鞍替えすることが考えられます。

つまり、Yahooやauなどの既存の読み放題サービスにとっては、ものすごい脅威になると思います。

それだけユーザーがAmazonに奪われる可能性が高いと思います。

ですが裏を返せば、既存のサービスも負けじと、よりお得な料金・サービスを展開するかもしれません。それは私たちユーザーにとっては嬉しいことです。まだ開始したばかりのAmazon の読み放題サービスですが、今後どれだけのユーザーを取り込めるかがカギになりそうです

初回は30日間無料で利用できるので、気になっている方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

関連する徹底検証の記事
特集記事
フィルター
Post Page
世の中の出来事 こんぴゅーた パソコン 徹底解説 アプリケーション テクニック・トラブル WordPress SEO対策 レビュー(評価) Jimdo / Goope webビルダー ホームページ グーペ Strikingly
ソート
Amazon Dash Button を徹底検証!

Amazon Dash Button を徹底検証!

IT技術は日進月歩とはよく言ったものですが、ネット販売の大企業Amazonは、さらなる戦略を打ち出してきています。 Amazon プライムでの「音楽聞き放題」や「映画の見放題」、「ドローンによる配達」など将来を見据え、次々に便利なサービスをリリースしてきました。私たち消費者にとっては嬉しいサービスですが、業界関係者にとって
2016-12-09

18

Amazon プライム・ビデオ を徹底検証!

Amazon プライム・ビデオ を徹底検証!

オンデマンド時代が到来し、現在では映画・ドラマが見放題が当たり前となりました。月額課金で海外、国内の『映画』や『ドラマ』が見放題のサービス。 現在までは、『Hulu』『Netflix』『GYAO』などが各社しのぎを削ってきました。 しかし、ここにきて、通販大手の
2015-09-24

18

WordPress テンプレート の効果を高める5つの方法+30テーマ

WordPress テンプレート の効果を高める5つの方法+30テーマ

デザインに特化したテンプレートから、ユニークな演出のテンプレートまで、世の中にはじつに色々なWordPress テンプレートが豊富にあります。迷いますよね。WordPressをこれから始める人も、どのテンプレ
2017-08-08

8

ホームページを作りたいけど、どんな方法があるの? お試し7選

ホームページ作成ソフトを試してみよう!楽々作成+お試し7選

会社からホームページを作れ!」と上司から言われて、困っている人もいるでしょう。「店舗サイト
2017-07-27

8

Strikinglyで作るホームページ! 店舗サイト【フラワーショップ】Part.3

Strikinglyで作るホームページ! 店舗サイト【フラワーショップ】Part.3

Strikinglyで作るホームページ! 店舗サイト【フラワーショップ】Part.3~アッという間のチュートリアル記事です。Strikingly を利用して、フラワーショップのホームページを構築したいと思います。ウェブビルダーであるStrikinglyを使えば、お手軽に高品質なサイトを作成することができます。 こ
2017-07-26

8

返信を残す