• 2018年3月30日

エックスサーバーでデータベースを作成する方法

エックスサーバーでデータベースを作成する方法

エックスサーバーでデータベースを作成する方法 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

エックスサーバーでは、マルチサイトなどで、データベースを複数作成することがあります。WordPressの自動インストールでは、自動的にデータベースが作成されますが、任意でデータベース名を作成することはできません。

今回は「エックスサーバーでデータベースを作成する方法」を記事にしたいと思います。

 

エックスサーバーでデータベースを作成 する手順

エックスサーバーで固有のデータベースを作成するためには、下記の手順で作成する必要があります。少しややこやしくなっているので、一つ一つ確認しながら進める必要があります。

  1. MySQLユーザーの作成
  2. MySQLデータベースの作成
  3. データベース(上記の2)に、ユーザー(上記の1)を設定

 

【手順1】MySQLユーザーの作成

エックスサーバーの管理画面にログインしたら、「データベース」にある「MySQL設定」を選択します。

データベースのMySQL設定を選択する

 

項目から「MySQLユーザー追加」を選択し、必要な項目に入力します。

ここで作成した「MySQLユーザーID」と「パスワード」は必ず忘れないように保存しておいてください。一番良いのは、「エクセル」や「メモ帳」などで必要な情報を保存しておくことです。

忘れた場合にいつでも確認できるようにしておきましょう。ただし、万が一に備えて保存方法には細心の注意を払ってください。

ユーザーの作成

 

ユーザーが作成されたか確認する

作成したユーザは「MySQLユーザ一覧」から確認することができます。パスワードを忘れた場合や、再設定したい場合は、この場所から変更しましょう。

ユーザーが作成されたか確認する

 

【手順2】データベースの作成

次は、MySQLのデータベースを作成します。「MySQL追加」のタブを選択し、「データベース名」と「文字コード」を入力します。データベース名はなるべく、ホームページの性質を表した文字列だと良いでしょう。

例えば、サロンなら「xxxxx_salon」、店舗なら「xxxx_store」などが分かりやすいと思います。

データベースの作成

 

【手順3】データベースに、ユーザーを設定する

最後にデータベースに、ユーザーを設定します。「MySQL一覧」タブを選択すると、「手順2」で作成したデータベース名が一覧に表示されています。「アクセス権未所有ユーザ」から、「手順1」で作成したユーザーを選択し、「追加」ボタンを押します。

すると、すぐ左隣にある「アクセス権所有ユーザ」にユーザーが表示されます。これでデータベースの設定は完了です。

データベースに、ユーザーを設定する

 

MySQL(テーブル)を作成できない場合

テーブルを作成 or 追加しようとしても、「MySQL移行ツール利用中のため、データベースを追加できません」の文字が表示されるような場合、データベースをMySQL5.5に移行させる必要があります。

エックスサーバーにログインし、「データベース」にある「MySQL5.5移行ツール」を選択します。

移行ツールを選択します。

 

MySQL5.5移行ツール」では、まだ移行していないデータベース名が表示されます。複数ある場合は、下記のようにデータベース名が表示されています。「移行(確認)」のボタンを押して、すべてのデータベースをMySQL5.5へと移行させましょう。

移行していないデータベースを移行させる

 

移行完了」の状態になったら、画面下部にある「バージョンをMySQLに移行する(確認)」のボタンを押して、移行を完了させます。

これで移行は終了です。

移行の確定

 

複数のデータベースとWordPressを効率よく管理するためには

これはマルチサイトでよくあることですが、いくつものデータベースとWordPressをインストールした場合、どのWordPressがどのデータベースなのか分からなくなってきます。
エックスサーバーは比較的管理しやすいものの、数が増えるとやはり管理が難しくなります。そんな時は、情報をエクセルで一元管理しましょう。

下記のように、「データベース名ユーザー名パスワード」と「WordPressのログインユーザ名パスワード」をまとめて管理することで、ミスも少なくなります。

誤って必要なデータベースを削除しないためにも、重要な情報は一元管理しておきましょう。

もちろん、ファイル自体に「ロック」をかけることをお忘れなく。表のダウンロードは以下から。

複数のデータベースとWordPressを効率よく管理するためには

 

あとがき

自動でデータベースを作成すると、WordPressをインストールしたデータベースが分からなくなる場合があります。

これはマルチサイト(複数サイト)を運営している人なら、誰でも経験があると思います。また、長年使っていないデータベースと、現在使用しているデータベースの区別もつきにくくなります。

このような場合、データベースを消去する際に、誤って必要なデータベースを削除する可能が高くなります。このしたことを防ぐためにも、なるべく紐づけがしやすいように、固有のデータベースを作成するべきです。

また、情報を一元的にエクセルで管理することで、さらにミスを防ぐことができます。

手間はかかりますが、誤って削除したデータベースの復元に多大な時間と労力を割くことを考えれば、何てことありません。

データベースを複数作成する場合は、効率的に管理しましょう。

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)