• 2017年5月25日

Photoshop CC でYuri on ICEのメダルを作ってみた

Photoshop CC でYuri on ICEのメダルを作ってみた

Photoshop CC でYuri on ICEのメダルを作ってみた 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

氷上の熱い戦いと選手の葛藤を描いたアニメ「Yuri on ICE(ユーリ オン アイス)」。今さらながら、Yuri on ICEにハマってしまいました。

それぞれの選手の個性や、滑らかな動き、印象的な音楽、抜群かつ絶妙なカメラワークなど、さすが2016年のアニメオブザイヤーだと言える納得の出来栄えだと思います。日本のみならず、海外の沢山のファンの方々や、プロのアイススケーターの人たちも、Yuri on ICEを応援しています。

どうやら第2シーズンも制作されるようなので、非常に楽しみです。

そこで、Photoshopの練習もかねてYuri on ICEの「勝生勇利」「ユーリ・プリセツキー」「ビクトル・ニキフォロフ」のゴールドメダルを作ってみました。メダルの土台さえできれば、あとはキャラクタの調整だけで、簡単に作成することができます。

なお、このチュートリアルは非常に簡易的に説明してあります。

 

キャラクタの調整 / Charactor Adjustment

キャラクタをペンツールなどで綺麗に切り取ったら、下記の効果を適用させていきます。基本的に、キャラにほんの少しの調整を加えるだけなので、簡単です。むしろ、ゴールドメダルの土台の作成が難しいので、そちらはこちらのチュートリアルを参照してください。

 

適用させる効果

「レベル補正」「白黒」「彩度(任意)」を適用させます。

適用させる効果

 

白黒の適用

元の色のままだと、フィルターを適用した時にやや都合が悪いので、白黒にしておきます。

下記の数値で適用させていきます。

白黒の適用

 

レベル補正の適用

濃淡をクッキリさせるために、レベル補正を適用します。濃淡が強いほうが、フィルターを適用した時により印象が強くなります。レベル補正の左側のコントロールを右側にスライドさせましょう。

数値はだいたい「57~80」ほどで様子をみましょう。あまり強くしすぎると。キャラ自体が真っ黒になり、逆に見栄えが悪くなります。

レベル補正の適用

 

ゴールドメダルの基本チュートリアル / Gold Medal Tutoril

下記はゴールドメダルのチュートリアルになります。「レイヤーマスク」や「レイヤースタイル」など、やや複雑になっているので、ある程度Photoshopの基本的な操作を身につけないと、難しいかもしれません。

Photoshop チュートリアル / Gold Coin

 

ゴールドメダルの完成 / It’s done!

Yuri on ICE / Gold Medal Sample

出典:はせつ町民会 / ユーリ!!! on ICE 制作委員会

 

Photoshopのチュートリアル記事

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。


確認画面は表示されません。送信する前にお間違いがないかどうかご確認ください。