• 2017年8月3日

Photoshop ネオンエフェクト 簡単チュートリアル

Photoshopで表現するネオンエフェクト! 簡単チュートリアル

Photoshop ネオンエフェクト 簡単チュートリアル

700 433 パソコン生活サポート Pasonal

さて、今回はネオンエフェクトをPhotsohpで作成したいと思います。

 

開発環境

 OS  Windows 10 64bit
 Photoshop バージョン  Adobe Creative Cloud / Photoshop CC 2017
 作成時間  約15~20分
 テクニックのポイント  雲模様 / 焼き込みカラー / 彩度・明度 / レイヤースタイル

 

チュートリアル素材

チュートリアルで使用する素材は下記からダウンロードできます。下記の素材はフリーです。

【スポンサードリンク】

 

Photoshopで表現するネオンエフェクト / チュートリアル

ネオンエフェクトを表現するためのチュートリアルです。手順を追っていけば、作成できます。キャンバスやフォントの大きさなどは任意ですが、フォントは「Electronic」を使用する必要があります。フォントや背景のレンガの画像は、ダウンロード素材から取得してください。

また、画像の利用にはPhtoshopとAdobe Stock(写真)と連携が便利です。シームレスで写真素材を検索でき、利用することができます。興味のある方は、一度検討してみると良いでしょう。

 

キャンバスの作成

キャンバスを任意の大きさで作成します。背景は「黒」に設定します。

キャンバスの作成

 

背景レンガと彩度

「Ctrl + Alt + U」で色相・彩度を下げます。明度も少しだけ下げておきましょう。

背景レンガと彩度

 

カラーオーバーレイの適用

レイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルからカラーオーバーレイを調整します。描画モードを「ソフトライト」、「黒色」、「不透明度:100%」に設定しましょう。

カラーオーバーレイの適用

 

雲模様の適用

新んきレイヤーを作成し、黒で塗りつぶします。さらに、「フィルター」>「描画」>「雲模様1」を適用します。レイヤーの不透明度を60%にしておきましょう。

下記のように透けた感じになります。

雲模様の適用

 

レイヤーの種類を変更する

レイヤーの種類を「焼き込みカラー」に設定します。下記のようにレンガの背景がよりダークな感じになります。

レイヤーの種類を「焼き込みカラー」に

 

レイヤーマスクを設定する

雲模様を設定したレイヤーにレイヤーマスクを適用します。黒のソフトブラシで中央付近だけ隠します。下記の画像のように、レンガの背景が中央だけ明るく、周辺は暗いような雰囲気になります。この設定をあらかじめしておくだけで、ネオンの雰囲気がグッと高まります。

レイヤーマスクを設定する

 

テキストの挿入

任意のテキストを挿入します。カラーは「00ccff」の水色です。フォントサイズは任意で、キャンバスの中央よりに配置しましょう。

テキストの挿入

 

レイヤースタイル「べベルとエンボス」

レイヤースタイルからべベルとエンボスを適用します。

レイヤースタイル「べベルとエンボス」

 

レイヤースタイル「シャドウ内側」

シャドウ(内側)も同様に下記の値で設定します。

レイヤースタイル「シャドウ内側」

 

レイヤースタイル「光彩内側」

光彩(内側)も同様に下記の値で設定します。

レイヤースタイル「光彩内側」

 

レイヤースタイル「ドロップシャドウ」

最後にドロップシャドウを下記の値で設定します。

レイヤースタイル「ドロップシャドウ」

 

ここまでのネオンテキスト

テキストにレイヤースタイルを適用すると下記のようになります。フォントの中央は白く、青白いような感じになります。まさしくネオンの蛍光管です。あとは、少しのエフェクトを追加するだけで完成します。

ここまでのネオンテキスト

 

ぼかしをかける

テキストのレイヤーをコピーし、フォントレイヤーの下に移動させます。レイヤーをラスタライズし、「フィルター」>「ぼかし(ガウス)」を10~11pxほどで適用します。

ぼかしをかける

 

ブルーの光を入れる

テキストをぼかしたレイヤーの下にさらにぼかしのレイヤーを入れます。描画カラーを「00ccff」に設定し、大きめのソフトブラシで下記のように配置しましょう。

あとはレイヤーの種類を「オーバーレイ」に設定します。

青白い光を入れる

 

ケーブルを描く

ペンツールを使用して、下記のようにラインを描きます。ケーブルっぽくランダムなラインのほうが良いでしょう。

ケーブルを描く

 

レイヤースタイル「べベル&エンボス」を適用

ケーブルのレイヤーに対してレイヤースタイルを下記の設定値で適用します。

レイヤースタイル「べベル&エンボス」を適用

 

ネオンエフェクトの完成

これでネオンエフェクトは完成しました。下記のような感じになるはずです。どうだったでしょうか?そんなに複雑な設定は必要なかったはずです。フォントに適用したレイヤースタイルをPhotoshopに登録しておけば、フォントの文字が異なっても簡単に再適用させることができます。

Photoshopの練習で何か作品にトライしてみたい人は、ぜひ挑戦してみてください。

ネオンエフェクト ブルー

 

ネオンエフェクトのカラーバリエーション

ネオンエフェクト イエロー

ネオンエフェクト オレンジ

ネオンエフェクト グリーン

ネオンエフェクト ピンク

 

アッと言う間のPhotoshop チュートリアル記事

よかったらシェアしてください

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)