• 2018年10月11日

Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル

Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル

Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

異なる画像を組み合わせてアートな作品を作ることを「コンポジット(合成)」といいます。Photoshopの魅力は、まったく別々の画像の一部を切り取り、組み合わせることで、独創的な作品を制作できる点にあります。

さして複雑な操作やテクニックは必要ではありませんが、画像をいかに馴染ませるかが問題です。あとは、コンポジットできそうな画像を探すことです。

今回は「Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル」のチュートリアルを解説したいと思います。

 

開発環境

OS  Windows 10 64bit
バージョン  Photoshop CC 2018
作成時間  約30~40分程度
ステップ数  およそ8ステップ
テクニックのポイント  レイヤーマスク / 彩度 / ぼけブラシ

 

難易度

シルバーメダル

今回の難易度はシルバーレベル(中級者以上)です。

 

ダウンロード素材

※PEXELSは私的利用・商用利用可のフリー画像です。女性のモデルは、販売には利用できません。

 

最終的な完成図

今回作成する「Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル」です。ビフォーとアフターの写真です。

Photoshop オールド・レディ コンポジット オリジナル

Photoshop オールド・レディ コンポジット

 

Photoshop モデルと彫像のコンポジット チュートリアル

女性と彫像の画像をコンポジット(合成)するチュートリアルです。あらかじめ素材をダウンロードしておいてください。

 

【手順1】キャンバスの作成

キャンバスの任意の大きさで作成します。ここでは「1920 × 1200」で作成しています。

キャンバスの作成

 

【手順2】自然な彩度を適用する

自然な彩度を下記の値で適用します。さらに、レイヤーマスクを選択し、黒のブラシで頭の花の部分だけを丁寧に塗りつぶします。下記のように、花だけがカラフルな感じになります。

彩度を落としてモノトーンにすることで、彫像とコンポジットしやすくします。

自然な彩度を適用する

 

【手順3】レベル補正の追加

レベル補正を下記の値で追加します。女性の陰影がより濃くなりました。

レベル補正の追加

 

【手順4】花の一部分を別レイヤーへコピーする

下記の矢印の花の一部をペンツールなどで丁寧に選択し、範囲選択にしてから「Ctrl + J」で別レイヤーにコピーします。これは、顔の処理をしたときに下記の花が隠れてしまうので、別レイヤーに退避させています。

レイヤー名は「flower1」です。

花の一部分を別レイヤーへコピー

 

【手順5】彫像の顔だけを切り取る

彫像の画像を配置し、顔の部分だけ大雑把に選択し、レイヤーマスクを設定します。下記の画像を見てみるとわかりますが、輪郭はダタガタになっているはずです。ですが、後の手順で輪郭の一部分を綺麗なラインにしていきます。

彫像を配置し、顔だけを残す

 

【手順6】彫像の顔とモデルの顔を合わせる

「手順5」で作成した彫像の顔を別レイヤーでコピーしておきます。このレイヤーは「スマートオブジェクト」に変更しておきましょう。さらに彫像の顔を女性の顔のラインに合わせます。レイヤーの不透明度を40~50%ほどに下げて、目と口髭の部分を合わせるように「大きさ」と「角度」を調整してください。

下記の画像を参考に、配置してみましょう。

※顔を別レイヤーにコピー・・・手順5で作成したレイヤーマスクを「Ctrl + クリック」で選択し、彫像の画像を選択後、「Ctrl + J」で別レイヤーにコピーすることができます。手順5で直接コレをしてもよかったのですが、履歴を残す意味でこのような手順を踏んでいます。

彫像の顔とモデルの顔を合わせる

 

【手順7】レイヤーマスクで余分な部分を隠す

この部分は少し難易度が高くなります。

レイヤーマスクを適用し、目の部分と顔の一部を隠していきます。目の部分はハードブラシで綺麗に隠し、髪の毛と一体化している部分は、ぼけブラシを使って馴染ませるようにして隠していきましょう。

この際、ブラシの不透明度を60~70%にしておくと、上手く馴染むようになります。

口髭の下の部分は、ちょっとしたコツが必要です。

元の彫像の画像では、口髭の部分は硬い感じの石像のため、ふさふさの髭になるように処理します。

下記の記事を参考にしてください。

Photoshopでライオンなどの体毛を綺麗に切り抜くテクニック

レイヤーマスクで余分な部分を隠す

 

【手順8】Camera RAWの適用

一番上のレイヤーを選択し、「Ctrl + Shift + Alt + E」で全体のコピーレイヤーを作成します。Camera RAWを下記の値で適用します。

Camera RAWの適用

 

【完成】It’s done!

これで完成です。じーっと見ていると違和感があるコンポジットとなっていますが、ソレがまた良いと思います。彫像の顔が本当の顔に見えてきたり、かと思えば、女性の体なので違和感があると思います。

でもこの違和感がまた良かったりします。

作った後で考えてたんですが、このおじーさん誰なんだろうなぁ…。イタリア?かフランス?で有名な彫像なんだろうか?何気なしに見つけた画像ですが…、はて。

Photoshop オールド・レディ コンポジット

 

完成までの手順

完成までのステップです。

  • 【手順1】キャンバスの作成
  • 【手順2】自然な彩度を適用する
  • 【手順3】レベル補正の追加
  • 【手順4】花の一部分を別レイヤーへコピーする
  • 【手順5】彫像の顔だけを切り取る
  • 【手順6】彫像の顔とモデルの顔を合わせる
  • 【手順7】レイヤーマスクで余分な部分を隠す
  • 【手順8】Camera RAWの適用
  • 【完成】It’s done!

手順としては少なそうですが、問題は「手順7」です。おでこの部分と口髭の下の部分を上手く馴染ませるか です。元の彫像の画像は、髭の部分が途切れていて、そのまま切り抜いただけでは利用できません。

リアルな髭をつくるためには、ヘアーブラシと指先ツールを使って、丹念に描画していく必要があります。

この作業が一番大変かもしれません。

Photoshopでライオンなどの体毛を綺麗に切り抜くテクニック」を参考にしながら、上手く下あごの髭を描画してみてください。

 

もっと見てみる? 日本語で学べるPhotoshopチュートリアル記事

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)