• 2016年11月21日

ホームページビルダー21 店舗サイト カスタマイズ 【後編】

ホームページビルダー21 店舗サイト カスタマイズ 【後編】

ホームページビルダー21 店舗サイト カスタマイズ 【後編】

640 430 パソコン生活サポート Pasonal

さて、今回はホームページビルダー21の店舗サイト 後編のチュートリアルを解説します。

後編では「Google マップの設定」「メール送受信プログラムの組み込み」に焦点を当てています。やや難易度が高いですが、一つ一つ順を追って作業していけば、設定することが可能です。

まずは、試してみましょう。

 

 

チュートリアル動画

 

Google マップの設定

  • Googleマップは住所を入力して作成する。
  • ポイントにバルーンを設定する。
  • 簡易地図(イラスト)は不要なので削除する。

 

 

アクセスページにGoogleマップをつける

アクセスページを開く

アクセスページからGoogleマップの編集を行います。

すでにGoogleマップが挿入されているので、必要な項目だけを変えていきましょう。

 

 

Googleマップで住所を入力

Google マップから住所を入力

 

住所入力

 

すでに挿入されているGoogle マップをクリックし、「ギア(歯車)」のマークからプロパティを編集します。

プロパティ ウィンドウから「地図の設定」をクリックしましょう。

地名に表示させたい住所を入力し、検索してください。

住所が正確な情報であるならば、ただしく地図が表示されるはずです。

 

 

バルーンの設定

バルーンの設定

Googleマップ上のポイントにマーカーを設置します。

上記の項目を設定してください。

 

 

プレビューで確認する

プレビューで確認する

住所とバルーンを正確に入力できていれば、プレビュー画面で上記のように表示されるはずです。

上手く表示されない場合は、もう一度、正確な情報を入力してみましょう。

 

 

メール送受信の設定

ホームページビルダー21(SP 及び クラシック版)には、メール送受信プログラムが組み込まれていません。

よって、独自にメール送受信プログラムを組み込む必要があります。

初級者にとっては非常に難しい作業になるので、ステップ by ステップで少しずつ進めていきましょう。

 

 

メールプログラムを組み込むための準備をする

すべて揃っているか確認

  • TeraPad(テキストエディタ)
  • メールフォームプロ(cgiプログラム)
  • contact.html(hpb21からの書き出し)
  • fileZilla or FFFTP(FTPソフト)

 

上記の「ファイル群」と「アプリケーション」が必要になります。

 

 

メール送受信プログラムを組み込む詳細設定

ホームページビルダー20 メール設定 【SP編】徹底解説!

上記のページを参照してください。

ホームページビルダー20となっていますが、hpb21でも問題ありません。

 

 

その他の関連する記事

 

返信を残す