How to use Tips
つかいかたのヒント
つかいかたのヒント / how to use tips

Tips 1 / JPGとPNGについて

アイテムの素材は「JPG」と「PNG」があります。この二つの違いを把握しておくことで、組み合わせが簡単に行えるようになります。
「JPG」と「PNG」の違いは下記をご覧ください。

JPG

JPGの見本

PNG

PNGの見本

上記の2枚の画像は「JPG」と「PNG」です。

違いが分かりやすいように、背景を赤いピンク色にしています。

「JPG」は、キャラクタの周りが白い背景になっているのが分かると思います。ドロップシャドウ(影)が付いてる範囲までが画像の実際の大きさということです。一方、「PNG」は、背景が透過しており、赤いピンク色の背景が表示されています。ドロップシャドウを見てみると、キャラクタの周りにだけ影が付いています。

これは画像の重なりにも大きく関係してきます。

同じ「PNG」どうしでは、いくら前後に重ねようと背景が透過しているので、問題ありませんが「JPG」のほうは簡単に重ねることができません。よって基本的に背景に使用するアイテム素材は「JPG」、上に重ねるのが「PNG」と覚えておくとよいでしょう。

※PNGが背景でも問題ありません。

ブラーをかける

PNGの重なり例

左の画像は、全く同じ「PNG」のキャラクタ画像を2つ重ね、後ろ側の画像の比率を若干大きめにし、ブラー(ぼかし)のエフェクトをかけたものです。

このように「PNG」は重ねて組み合わせることで、色々なバリエーションの画像を作成することができます。とはいえ、背景も重要な要素です。この例では暗い画像を選択しましたが、仮に明るい色の画像を背景にすれば、ブラー(ぼかし)の効果は半減してしまいます。

「JPG」と「PNG」の違いや、メリット・デメリットはネットで調べてみてください。

まずは、いろいろと試してみましょう。

Tips 2 / フリーの画像編集ソフトについて

ダウンロードしたアイテム素材は、自由に編集したりすることができますが、PhotohsopやIllustratorなどを持っていないユーザーさんも多数いると思います。
そんな時は、フリーで使用できるオープンソースの画像編集ソフトを使用してみましょう。
下記は代表的なフリーの画像編集ソフトです。
※出典:公式サイトから 各フリーソフトの使い方はネットなどを参照してください。

PictBear

フリーの画像編集ソフト PictBear

INKSCAPE

フリーの画像編集ソフト INKCAPE

PIXLR EDITOR

フリーの画像編集ソフト PIXLR EDITOR

Tips 3 / Q&A

疑問・質問などはこちらをご参照ください。

会員登録は必要ありません。すべてのアイテムはそのままダウンロードできます。

すべてのアイテムはクレジット不要でご利用いただけます。クレジットをご記載いただく場合は下記のどちらかの方法でご記載ください。

  • パソコン生活サポートPasonal(http://pasonal.com/get-material)
  • げっとまてりある(http://pasonal.com/get-material)

著作権フリーではなく、ロイヤリティーフリーとなります。使用許諾の範囲内であれば、規約に従って何度でも利用することができます。

また、すべてのアイテムは商標登録をすることができません。

アイテムにより商用利用できるかどうかは異なります。ダウンロードする際に、記載された情報をお確かめください。

未加工・加工済みに係わらず、再配布・譲渡は一律に禁止しています。絶対におやめください。

お使いのブラウザによるプラグインの影響が考えられます。プラグインを停止させるか、ブラウザのキャッシュを一度削除して、再度お試しください。

それでもダウンロードできない場合、お手数ですが、お問い合わせページよりご連絡ください。

すべてのアイテムは商用利用可となっていても、LINEスタンプに利用できません。ご遠慮ください。

お客様からのご依頼は無料では受け付けておりません。1920 × 1200以上の高解像度の画像(アイテム)が必要な場合は、1アイテム1,000円~から承ります。

その際は、お問い合わせページよりご連絡ください。

ブラウザのキャッシュを削除していただくか、ブラウザで使用している特定のプラグインを停止していただくことで改善する場合がございます。

お試しください。

アイテムの一覧から選択していただくと、ダウンロードボタンがある画面へ遷移します。そのページの下部にアイテムの「情報」が記載されています。

そちらからJPGかPNGかをご確認してください。

利用規約の範囲内であれば、すべてのアイテムは自由に加工・編集することが可能です。

アイテムは加工・未加工問わず、印刷媒体に使用することができます。チラシなど不特定多数に配布するような場合であっても利用の範囲内であれば、同様に問題ありません。