• 2017年12月18日

【Vol.3】Photoshop free Web Mockups(2パネル) + ダウンロード

【Vol.3】Photoshop free Web Mockups(2パネル) + ダウンロード

【Vol.3】Photoshop free Web Mockups(2パネル) + ダウンロード 700 433 パソコン生活サポート Pasonal

フリーPSD モックアップの第二弾です。Dimensionで作成しています。今回のモックアップは、3枚でそれぞれ折り重なるように配置してます。3枚とも微妙に角度・大きさを調整しています。ダウンロードする場合は、ページの下部のボタンから行ってください。

 

開発環境 / Development

 OS  Windows 10 64bit
 バージョン  Photoshop CC 2018 
 作成時間  –
 ステップ数  –
 テクニックのポイント  –

 

モックアップって何?

モックアップを作ることは、クライアントとのやり取りにおいて非常に重要な意味を持ちます。モックアップとは簡単に言うと「見本(模型)」のようなものです。プロダクトデザインなど、まず検討レベルの段階においてパソコン上で「ひな形」を作ることが多々あります。

この見本を作ることによって、クライアントはデザインやカラーを見て判断できるので、交渉もスムーズにいくでしょう。これは、「上司」や「グループ間」でのやり取りでも同じです。Photoshopであらかじめ完成されたモックアップを作ることによって、多彩なカラーバーリエーションデザインを簡単に実現することができます。

 

【モックアップの利点】

  • 結果を素早く修正することができる。
  • 作業効率が大幅にアップする。
  • 異なるバリエーションに対応させることが可能。

 

モックアップの使い方

ダウンロードしたPSDファイルを開いたら、オレンジ色のレイヤーを使って画像を合成してください。

 

2パネル – フロント

2枚がハの字型になるように配置しています。右側のパネルが小さいのはやや奥側になっているためです。今回は前回とは違い、床面にマテリアルを適用しませんでした。反射をなくし、艶を消しています。反射があると良いですが、非常に作業がしづらいことに気が付きました。

2パネル - フロント

 

編集するレイヤー

ダウンロードしたPSDファイルを起動させると、下記のようなレイヤーとなってます。オレンジ色の箇所が編集レイヤーです。それぞれスマートオブジェクトのレイヤーとなっているので、(サムネイルを)ダブルクリックして、別ファイルで開き、画像をキャンバスの大きさに合わせてください。

編集するレイヤー

 

スマートオブジェクトのサムネイルをダブルクリックして開いたら、画像を取り込みます。キャンバスの大きさにあうように、配置してください。

画像の取り込み

 

ダウンロードはこちらか

  • ※再配布・販売・その他サイトへのアップロードはできません。
  • 私的利用・商用利用が可能です。
  • 付属のライセンスをご確認ください。

 

ダウンロードボタンを押したら、下記のような画面になります。「ダウンロード」の青いボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードはこちらか

 

きっと役立つPhotoshopのテクニックを向上させる記事

ぱそなる の最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてください

返信を残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)